1. デンタルラバーTOP
  2. ホワイトニングコラム一覧
  3. 気になるホワイトニングジェルの使い方や効果、注意点について
< TOPへ戻る

気になるホワイトニングジェルの使い方や効果、注意点について

気になるホワイトニングジェルの使い方や効果、注意点について

ホワイトニングに関するキーワードとしてよく目にする「ホワイトニングジェル」。自宅で手軽にできることを謳った商品も数多くありますが、どのくらい効果が実感できるものなのでしょうか。

今回は、気になるホワイトニングジェルの効果や使い方、使う際の注意点などを詳しく解説します。

1.ホワイトニングジェルとは?

ホワイトニングジェルは、歯に塗布して使う美容溶剤を指す言葉です。セルフ式デンタル美容サロンで提供されるセルフホワイトニングや、市販品を用いて自分で行う「セルフホワイトニング」において、専用のLED照射器と共に使います。
ホワイトニングジェルごとに成分や濃度に違いがあり、効果を感じるまでの時間や値段もさまざまです。

対して、専門機関で行う「オフィスホワイトニング」や「ホームホワイトニング」では、歯科医師や歯科衛生士といった国の認可を受けた有資格者のみが取り扱える薬剤を使用します。この薬剤に入っている過酸化水素は強力な漂白作用や殺菌作用を持ち、希釈液は「オキシドール」と呼ばれ殺菌用として広く使われています。

ここからは、ホワイトニングジェルの使い方と効果について解説します。

1.1.ホワイトニングジェルの効果

デンタル美容サロンや通販で手に入るホワイトニングジェルには飲食や喫煙で歯の表面に付いた着色汚れを落とし、歯が本来持つ自然な白さに導く効果があります。
ホワイトニングジェルには食品にも使われているような、刺激が少なく安全な成分が配合されているため、効果を実感するまでにはある程度の回数が必要です。

一方、専門機関で行う「オフィスホワイトニング」や「ホームホワイトニング」で処方される過酸化水素を含む薬剤は歯の内部から漂白するため、本来の歯の白さ以上を目指せる可能性があります。特に「オフィスホワイトニング」は即効性がありますが、色戻りしやすいのがデメリットです。

ホワイトニングジェルか過酸化水素を含む薬剤か選ぶ際には、希望する仕上がりに応じて適した手法が変わることを覚えておきましょう。

1.2.ホワイトニングジェルの使い方

次に、ホワイトニングジェルの一般的な使い方について説明します。
ホワイトニングジェルを用いて行う「セルフホワイトニング」では、ブラッシングと併用したり、ホワイトニングジェルを歯もしくはマウスピースに塗布し、専用のLED照射機で一定時間当てる方法が一般的です。製品によって差がありますが、平均して10分前後と短い時間で済みます。

製品によってホワイトニングジェルの使い方が異なるので、実際に行う際には入手先の店舗やサロンのスタッフの説明、商品の説明書をよく読むことが大切です。

2.ホワイトニングジェルのメリット

ホワイトニングジェルのメリット

自宅でセルフホワイトニングができるホワイトニングジェルには、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。

2.1.オフィスホワイトニングより痛みが少ない

ホワイトニングジェルのメリットとしてまず挙げられるのが、専門機関で行うオフィスホワイトニングよりも痛みが少ないということです。歯の内部に作用し漂白する過酸化水素を含んだ薬剤と違い、美容を目的としたホワイトニングジェルは食品など日常生活で口の中に入れるものに添加されているものと同様の成分を使用しています。そのため、オフィスホワイトニングよりもしみたり痛みが出たりすることが少なくて済むのです。

2.2.自宅でサロンレベルのホワイトニングができる

セルフ式デンタル美容サロンと同じレベルのケアを自宅でできることも、ホワイトニングジェルのメリットです。自宅用に販売されているホワイトニングジェルを購入することで、サロンに足を運ぶ時間が無いときでも自宅で同等のケアがおこなえます。

全国10店舗を展開(2021年5月現在)する現役歯科医監修セルフデンタル美容サロン「デンタルラバー」が近年注目されていますが、そのデンタルラバーが開発したセルフホワイトニングジェルを例に挙げてみましょう。

デンタルラバーでは、LEDと相性の良い酸化チタンを含む5つのキラメキ成分(※)を配合したホワイトニングジェルと顧問歯科医と共同開発した家庭用LED照射マシン「スーパーホワイトLV(※)」を併用したホームケアを提案しています。

そのため自宅にいながらサロンで行うようなセルフホワイトニングを行えると注目を集めています。外出が難しい時期でも、デンタルサロンと同レベルのセルフホワイトニングを自宅でできることは、大きな利点といえるでしょう。

「スーパーホワイトLV(※)」において特筆すべきなのは、デンタルラバーのサロンでセルフホワイトニングをする際に使用する「青色LED+紫外線LED」と、口臭ケアをする際に使用する「赤色LED+近赤外線LED」の4つのLEDを1台で同時照射できること。サロンと同じ品質のセルフホワイトニングケア(※)と口臭ケア(※)が体感できるので、一度お試しされてはどうでしょうか?

※効果はLEDとゲルとブラッシングの併用による。効果に個人差あり。
※「スーパーホワイトLV」の効果はLEDとゲルとブラッシングの併用による。歯が本来持つ自然な白さを目指すものであり、それ以上に白くなるものではありません。
※デンタルラバーで使用するLED照射マシンは医療機器ではありません。

「スーパーホワイトLV」の詳細はこちら

3.ホワイトニングジェルの効果を引き出すには?

ホワイトニングジェルは、使い方や使用後のポイントを押さえることでより効果的に使うことができます。ここからは、ホワイトニングジェルの効果を引き出すコツをお伝えします。

3.1.ジェルの使用量を守る

ホワイトニングジェルはメーカーが推奨する使用量を守って使うことが大切です。他のケア用品にも言えることですが、塗布する量が十分でないとまだらに仕上がってしまったり、効果が薄まってしまったりと、その製品の実力を発揮できないこともあります。ホワイトニングジェルの効果をきちんと得るためにも、使用量はしっかりと守ることが重要です。

先ほど触れたデンタル美容サロン・デンタルラバーが歯科医監修のもと開発したホームケア用の家庭用LED照射マシン+専用ゲルのセット「スーパーホワイトLV(※)」の場合、専用ゲルはたっぷりと使うことでより効果(※)が期待できます。

※LED照射と専用ゲルとブラッシングの併用による効果。効果に個人差あり。
※「スーパーホワイトLV」は医療機器ではありません。
※「スーパーホワイトLV」の効果はLEDとゲルとブラッシングの併用による。歯が本来持つ自然な白さを目指すものであり、それ以上に白くなるものではありません。

3.2.着色しやすい食べ物を控える

ホワイトニングジェルの効果を実感できるまでは、コーヒーやカレーなど着色しやすい食べ物を控えることも大切です。セルフホワイトニング後にこうした飲食による歯の着色があると、効果を感じにくくなってしまいます。

どうしても欠かせないという場合は、飲食後の歯磨きをこまめに行うなど着色予防をしましょう。

3.3.定期的にセルフホワイトニングする

セルフホワイトニングで一時は効果を実感できても、日々の生活でふたたび着色汚れが付く「色戻り」が起きてしまいます。「色戻り」を防ぐためには定期的なセルフホワイトニングが不可欠です。

先述したデンタル美容サロン・デンタルラバー「スーパーホワイトLV」のホワイトニングゲル(※)なら480ml/120回相当の大容量が付属するので、効果が出てきたタイミングでゲルがなくなる心配もありません。また毎月1本定期便など面倒な購入手続きがいらないプランもあるので、ぜひチェックしてみてください。

※LED照射と専用ゲルとブラッシングの併用による効果。効果に個人差あり。
※「スーパーホワイトLV」は医療機器ではありません。
※「スーパーホワイトLV」の効果はLEDとゲルとブラッシングの併用による。歯が本来持つ自然な白さを目指すものであり、それ以上に白くなるものではありません。

「スーパーホワイトニングゲル」の詳細はこちら

4.ホワイトニングジェルの効果でキレイな歯を目指そう

ホワイトニングジェルは自宅でできる「ホームホワイトニング」や「セルフホワイトニング」には不可欠な存在です。望む仕上がりやライフスタイルによって、適したホワイトニングジェルの種類が変わるので、解説した使い方や特徴を押さえて選んでみてください。

歯本来の自然な白さを目指したい方や、自宅で手軽に取り組める「セルフホワイトニング」を試してみたい方には、サロンと同様のセルフホワイトニングケアと口臭ケア(※)が可能な家庭用LED照射マシン+専用ゲルのセット「スーパーホワイトLV(※)」ができるデンタルラバーがおすすめです。サロンと同じくらいハイレベルなホームケアで、歯本来の白さを取り戻しましょう。

※LED照射と専用ゲルとブラッシングの併用による効果。効果に個人差あり。
※「スーパーホワイトLV」は医療機器ではありません。
※「スーパーホワイトLV」の効果はLEDとゲルとブラッシングの併用による。歯が本来持つ自然な白さを目指すものであり、それ以上に白くなるものではありません。

スーパーホワイトLVのご購入はこちら

【最後に】デンタルラバーのサービスは、一般消費者に歯のケアの大切さを知っていただくためのものであり、最終的には歯医者で適切な治療を受けていただくことを推奨しています。デンタルラバーは一般消費者と歯医者をつなぐ架け橋としての役目を目指す会社です。

この記事をシェア