1. デンタルラバーTOP
  2. ホワイトニングコラム一覧
  3. ホワイトニングができない人がいるのはどうして?
< TOPへ戻る

ホワイトニングができない人がいるのはどうして?

ホワイトニングができない人がいるのはどうして?

色が変わってしまった歯を本来の白さに近づけるホワイトニングですが、歯やからだの状況によってはホワイトニングを避けた方がいい場合や当日にホワイトニング自体を断られてしまう場合があります。

近年では、エステ感覚で取り組めるセルフホワイトニングも普及しており、手軽に歯本来の白さを手に入れられるようになってきました。ホワイトニングがより身近なものになってきており、始めてみようと思っている方も多いのではないでしょうか。いざ始めようと思い立ってもできなかったということがないように、今回ホワイトニングができない人はどういう人なのかについてご紹介します。

1.ホワイトニングできない人って?

オフィスホワイトニングやホームホワイトニングでは医薬品を使用するため、歯やからだの状況によっては、歯のトーンアップをしたいと考えていても専門機関の判断でホワイトニングを受けられない場合があります。どのような場合にホワイトニングを受けられないのか、具体的に確認してみましょう。

1.1.光線過敏症の人

オフィスホワイトニングでは、歯肉保護や歯の漂白に使用する薬剤を活性化するため、LEDライトやハロゲンライトを歯に当てる場合があります。光線過敏症の方は光によってかゆみ・炎症が生じる恐れがあるため、光照射を行わないホームホワイトニングを検討しましょう。なお、LEDライトなど光を使用するセルフホワイトニングも、光線過敏症の方は施術を受けられません。

1.2.エナメル質や象牙質が形成不全の人

エナメル質や象牙質の形成が不完全な方の場合、歯にホワイトニング薬剤がしみこみやすいため、施術中・施術後に強い痛みが出ることがあります。歯の状態によっては神経にダメージが生じ、歯の変色をきたす恐れがあるため注意が必要です。

1.3.知覚過敏が強い人

ホワイトニング薬剤の影響により、施術後に一時的な知覚過敏が生じる場合がありますがおよそ1~2日で治まるのが一般的です。しかし、普段から知覚過敏が強い方の場合は、痛みによって日常生活に支障をきたすことも考えられるため、ホワイトニング前に知覚過敏の治療を勧められる場合があります。

知覚過敏の症状によっては、刺激を和らげる薬が処方されたり、刺激の少ない薬剤が選択されたりした上でホワイトニングができるケースもあるので、気になる方は専門家に相談しましょう。

1.4.成長途中の子ども

ホワイトニングの薬剤は成人向けに作られていることが多く、成長途中の子どもに使用すると歯の成長を阻害する懸念があります。薬剤の影響によりエナメル質にダメージが及ぶ可能性があるため、成長期の子どもへのホワイトニングを見合わせる専門機関もあります。一方、保護者同意のもとで未成年もホワイトニングを受けられる機関や、乳歯にも対応できるキッズホワイトニングを実施する機関もあるようです。

1.5.虫歯がある人

虫歯のある方がホワイトニングを受けた場合、虫歯の部分と健康な歯の部分との間に色むらが生じる可能性があります。薬剤の刺激を受けて歯のダメージを悪化させる懸念もあるため、虫歯を治してからホワイトニングを受けるのが賢明です。

1.6.妊娠中か授乳中の人

専門機関で使用されるホワイトニング薬剤は厚生労働省の認可を受けていますが、副作用がゼロというわけではありません。薬剤の使用による不測の事態が生じないよう、妊娠中・授乳中の方にはホワイトニングを施術しない方針の専門機関が少なくありません。

1.7.歯に欠けやヒビがある人

歯が欠けている方やひび割れが生じている方がホワイトニングを受けた場合、薬剤の影響により強い痛みが生じる可能性があります。神経を損傷するリスクもあるため、ホワイトニングの前に歯の治療を勧められるケースが多いです。

1.8.表面にワイヤー矯正している人

歯の表面にワイヤー矯正をしている方は、矯正が終わるまでホワイトニングを受けられません。ワイヤー部分に薬剤の効果が届かず、歯の見た目を損なう可能性が高いためです。矯正中は歯の神経が敏感で知覚過敏が生じやすいため、矯正前にホワイトニングを受ける方もいるでしょう。

1.9.無カタラーゼ症の人

無カタラーゼ症の方は体内で過酸化水素を分解できないため、ホワイトニングを受けられません。ホワイトニングの薬剤には過酸化水素が含まれていますが、体内に過酸化水素が蓄積されると口の中の細胞が壊死するなど深刻な事態を引き起こすこともあります。

1.10.差し歯など人工の歯を白くしたい人

ホワイトニング用の薬剤は天然の歯にのみ漂白作用を発揮するため、差し歯など人工の歯に対しては漂白効果がなく、表面の汚れを落とすだけにとどまります。差し歯・詰め物が黄ばんでしまった場合は、専門機関で交換してもらうことが可能です。

2.ホワイトニングの効果が出にくい歯とは?

治療済の歯や内服薬などの影響で変色した歯には、ホワイトニングの効果が出にくいといわれています。

2.1.薬剤の影響で変色した歯

ホワイトニングで内服薬の影響により変色した歯が白くなる効果は期待できません。色素以外の原因で変色しているため、ホワイトニング薬剤の漂白効果が及ばないからです。生まれてから12歳頃までの間にテトラサイクリン系抗生物質を服用した場合には歯がグレー色に変色し、色素沈着を起こすことが知られています。ただし、歯のマニキュアなどで一時的に歯を白く見せることは可能です。

2.2.かぶせ物や人工の歯

歯にかぶせ物をしている場合や差し歯・詰め物がある場合も、ホワイトニングの効果が現れにくいです。仮にホワイトニングを行ったとしても、詰め物の部分と他の部分の色が異なるために見た目が悪くなっていまうことも。また、ホワイトニング薬剤には着色成分が含まれていないため、金属のかぶせ物を白くすることはできません。どうしても歯を白くしたい場合には、かぶせ物などをセラミックなどへ入れ替える方法も選択肢の一つです。

2.3.神経のない歯

虫歯などで神経が死んだ歯や、治療のために神経を抜いた歯に対してはホワイトニングを受けても歯が白くならないケースが多くあります。ただし、歯の表面の汚れを取る効果は期待できます。神経のない歯を白くしたい場合は、歯の内部に薬剤を詰めて、中から歯を白くするウォーキングブリーチという施術方法もあります。

3.セルフホワイトニングならケアが可能な場合もある

セルフホワイトニングならケアが可能な場合もある

専門機関でのホワイトニングが難しい方でも、医薬品を使わないセルフホワイトニングなら歯のケアが可能になる場合があります。セルフホワイトニングは痛みが少ないといわれており、もともと軽い知覚過敏がある方や未成年の方などでも施術を受けることが可能です。

また、セルフホワイトニングでは歯の汚れを落とす美容溶剤を使用するため、かぶせ物や人工歯があっても問題ありません。セルフホワイトニングがどのような施術か心配という方は、デンタル美容サロンのカウンセリングを受けることをおすすめします。今回は、近年店舗数を伸ばしていることで知られている、全国10店舗のセルフデンタル美容サロン「デンタルラバー」のセルフホワイトニング(※)に焦点を当てながら説明します。

※LED照射と専用ゲルとブラッシングの併用による効果です。効果には個人差があります。

3.1.強い薬剤を使わないため歯や体への負担が少ない

デンタルラバーを含めデンタル美容サロンでは、専門機関のように強い薬剤を使わないため歯やからだへの負担が少ないのが特徴です。歯や歯ぐきへの負担が少ないデンタルコスメゲルを使用するため、歯の漂白効果は得られないものの歯の汚れを落とすケアは可能です。ただし、セルフホワイトニングは歯が本来持つ自然な白さを目指すものであること、ブラッシングとの併用による効果であること、差し歯・詰め物のある歯や神経を抜いた後の歯には効果が発揮されないことは意識しておきましょう。

3.2.通えない人は自宅でのケアも可能

デンタル美容サロンに通うのが難しい方には、専用の機器を購入して自宅でのセルフホワイトニングがおすすめです。1回あたりのケアは10~30分、入浴後やリラックスタイムなど空いた時間に手軽に取り組めます。デンタルラバーの「スーパーホワイトLV(※)」ならサロンと同じ品質のセルフホワイトニング(※)と口臭ケア(※)が自宅でできます。

※LED照射と専用ゲルとブラッシングの併用による効果です。効果には個人差があります。
※痛みを感じる程度には個人差があります。
※セルフホワイトニングと口臭ケアはLED照射と専用ゲルとブラッシングの併用による効果です。効果には個人差があります。
※スーパーホワイトLVは家庭用LED照射マシンとスーパーホワイトニングゲルのセットです

「スーパーホワイトLV」の詳細はこちら

4.自分の歯の状態に合わせたケア方法を選ぼう

ホワイトニングでは医薬品を使用するため、妊娠中・授乳中の方や未成年の方はホワイトニングの時期をずらすよう専門機関に勧められる場合があります。歯の状態や体質によってはホワイトニング自体ができない可能性もあるため、ホワイトニングを希望する場合はあらかじめ専門機関に相談するようにしましょう。
ただし、薬剤を使用せずに歯本来の白さを目指すセルフホワイトニングであれば受けられるケースも少なくありません。

なかでも全国10店舗を展開(2021年5月現在)する現役歯科医監修のセルフデンタル美容サロン「デンタルラバー」が開発したセルフホワイトニングゲルとLED照射機のセット商品「スーパーホワイトLV(※1)」が、大手通販サイトを中心に人気を集めています。

デンタルラバーのサロンでセルフホワイトニングをする際に使用する「青色LED+紫外線LED」と、口臭ケアをする際に使用する「赤色LED+近赤外線LED」の4つのLEDを1台で同時照射でき、セルフホワイトニングケア(※)と口臭ケア(※)が自分のペースで取り組めます。

なお、専用開発のデンタルコスメゲルには酸化チタンを含む5つのキラメキ成分を配合されており、ブラッシングとの併用により、歯磨きだけでは落ちにくいステインにアプローチします。

自分のペースで取り組めて、しかも低価格なので通う時間や費用の面で専門機関のホワイトニングを諦めていた方にもおすすめです。
本体とジェル4本のセットが月々たったの2,913円(税込・クレジットカード24回の分割払い・手数料別途)、本来の白さと爽やかな口臭を取り戻したい方は是非お試しください。

※セルフホワイトニングと口臭ケアはLED照射と専用ゲルとブラッシングの併用による効果です。効果には個人差があります。
※スーパーホワイトLVは家庭用LED照射マシンとスーパーホワイトニングゲルのセットです

スーパーホワイトLVのご購入はこちら

【最後に】デンタルラバーのサービスは、一般消費者に歯のケアの大切さを知っていただくためのものであり、最終的には歯医者で適切な治療を受けていただくことを推奨しています。デンタルラバーは一般消費者と歯医者をつなぐ架け橋としての役目を目指す会社です。

ホワイトニングコラムの
監修ドクター

歯科医師:田中希和 Dr.
大阪歯科大学卒業。
一般診療、訪問診療を中心に、食育アドバイザーとして歯と食事の大切を伝える活動を行う。

この記事をシェア