1. デンタルラバーTOP
  2. ホワイトニングコラム一覧
  3. ホワイトニングでどれくらい白くなる?自然な白い歯に近づく方法
< TOPへ戻る

ホワイトニングでどれくらい白くなる?自然な白い歯に近づく方法

ホワイトニングでどれくらい白くなる?自然な白い歯に近づく方法

ホワイトニングしようか考える際に、「どのくらいまで白くできるのか」という疑問を抱いた方は少なくないはず。費用と時間をかけてホワイトニングをしても、期待していた白さにならなければ後悔につながりかねません。

この記事ではオフィスホワイトニングを始め、ホームホワイトニングやセルフホワイトニング、それぞれがどの程度の明るさを目指せるのか解説していきます。また、口内の状況によっては効果が出にくい場合もあるため、注意すべきポイントもご紹介します。

1.専門機関で行うホワイトニング、どれくらい白くなる?

そもそも専門機関で行うホワイトニングには、通いながら受ける「オフィスホワイトニング」と、自宅で行う「ホームホワイトニング」があります。それぞれの特徴や仕組みについて見てみましょう。

1.1.オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは薬剤やLED照射、マウスピースの使用により歯を漂白するという、専門機関が行う医療行為です。歯に過酸化水素が配合された薬剤をしみ込ませることで、色素の分解を促します。
人によって歯の色、状況は異なるため一概には言えませんが、一般的にオフィスホワイトニングは、歯本来の色よりも白くすることができるとされています。
個人差はありますが効果が出やすく、なかには数日から数週間で理想の色に近づいたと感じる方もいます。

1.2.ホームホワイトニング

ホームホワイトニングで目指すのは自然な白さの歯です。ホームホワイトニングは専門機関でマウスピースを作り、施術自体は自宅で行います。
オフィスホワイトニングでは過酸化水素を使用しますが、ホームホワイトニングでは、過酸化水素よりも低濃度の過酸化尿素が配合されたものを使用します。

過酸化尿素は徐々に歯に浸透させ汚れを落とすため、白さを実感できるまでに時間がかかります。1日に数時間程度マウスピースを装着した場合、個人差はありますが効果が見え始めるのにだいたい数週間かかると考えられています。

ゆっくりと白くしていくので後戻りが遅く、長期にわたって白さを感じられることが多い傾向にあります。

2.セルフホワイトニングではどれくらい白くなる?

専門機関のオフィスホワイトニングやホームホワイトニングとは別に「セルフホワイトニング」という方法もあります。

セルフホワイトニングにはセルフ式デンタル美容サロンに通う方法と、自宅で行う方法があります。サロンでも自宅でも内容はほぼ同様で、LED照射と専用ゲル、そしてブラッシングによる施術が主流となっています。

2.1.セルフ式デンタル美容サロンに通う方法

セルフ式デンタル美容サロンの場合は、LED照射と専用ゲルとブラッシングの併用によって歯本来の自然な色に導きます。
セルフ式デンタル美容サロンの専用ゲル(※)は美容溶剤のため過酸化水素のように漂白をするのではなく、歯の着色汚れを取り除くもので、本来の歯の白さに近づけられるため、自然な印象を与えることができます。また、専用ゲルは医薬品ではないため刺激が少ないという声も多くあります(※)

近年店舗数を伸ばしている話題のセルフデンタル美容サロン・デンタルラバー(2021年5月現在FC含む全国10店舗)では、FC店舗を除く直営サロン限定で、現在LED照射機「メガパワーホワイト(※)」と専用ゲルが使い放題のコースが用意されています。さらにセルフ口臭ケア(※)に特化したLED照射機「メガパワーブレス(※)」と専用ゲルとオゾン水とブラッシングを使用することで口臭を爽やかケアするサービスもあります。こちらのセルフ口臭ケアもまた通い放題に含まれているので、歯を自然な白さにしつつ、口臭ケアをしたい方に人気です。

セルフホワイトニング専用ゲルは、酸化チタンを含む5つのキラメキ成分が配合された専用ゲルが、LED照射とブラッシングを併用することで落ちにくいステインへアプローチします。また、デンタルラバーオリジナル配合でパラベンなどの添加物の使用を避けた低刺激処方となっており、歯や歯茎に負担をかけず、初めてセルフホワイトニングをするという方にとっても心強いでしょう。

※「スーパーホワイトニングゲル」に含まれるキラメキ成分は、ヒドロオキシアパタイト・PEG-6・ポリリン酸Na・炭酸水素Na・アラントイン・ヒノキチオール・シメン5オール・グリチルリチン酸2Kなどです。
※LED照射と専用ゲルとブラッシングの併用による効果。効果に個人差あり。
※個人の感想です。効果に個人差があります。
※医療機器ではありません。

デンタルラバーのサロンの詳細はこちら

2.2.自宅でできるセルフホワイトニング

FC含む全国10店舗のセルフ式デンタル美容サロン「デンタルラバー」では、自宅でできるセルフホワイトニング商品も用意しています。家庭用でありながらサロン同様の効果が期待できるLED照射機「スーパーホワイトLV(※)」は、デンタルラバーのサロンでセルフホワイトニングをする際に使用する「青色LED+紫外線LED」と、口臭ケアをする際に使用する「赤色LED+近赤外線LED」の4つのLEDを1台で同時照射でき、セルフホワイトニングケア(※)と口臭ケア(※)が自分のペースで取り組めます。
専用のホワイトニングゲルが480ml(120回分相当)も付属しているため、サロン120回分と同じ効果が望めるというものです。それでいて、本体とジェル4本のセットが月々たったの2,913円(税込・クレジットカード24回の分割払い・手数料別途)という安さも魅力の1つです。

1回で劇的な変化を期待できるわけではありませんが、サロンと同様、美容ゲルとLED照射ブラッシングの併用で、歯に着いた黄ばみやステインにアプローチして、自然な白さを目指すことができます。サロンへ通う必要がないため、自分の好きなときにできるのも魅力です。
効果が見られ始めるのはセルフ式デンタル美容サロンでの場合と変わりはありませんが、ゲルをたっぷりと使うことで、より効果が期待できるとされています。

公式ショップのほか、デンタルラバー直営店、楽天市場、Yahooショッピングサイトなどで購入することができます。

※「スーパーホワイトLV」の効果はLEDとゲルとブラッシングの併用による。歯が本来持つ自然な白さを目指すものであり、それ以上に白くなるものではありません。
※医療機器ではありません。効果はLED照射とゲルとブラッシングによるものです。

「スーパーホワイトニングゲル」の詳細はこちら

3.ホワイトニングの効果が出にくい原因

ホワイトニングの効果が出にくい原因

せっかくオフィスホワイトニングやセルフホワイトニングをしても、効果がなかなか出にくいことがあります。ここでは、その原因について解説します。

3.1.フッ素コーティングがされている

フッ素コーティングがされていると、使用する薬剤が浸透するのを阻害してしまい、その結果、効果が出にくくなってしまう場合があると考えられます。
そのため、フッ素コーティングをした直後はセルフホワイトニングは避けたほうがよいでしょう。

3.2.着色が強い、歯垢がある場合

歯は、コーヒーや紅茶、チョコレートなどの飲食による着色や、抗生物質や歯の金属の詰め物などによって変色します。歯に着色成分が多く付着している場合、専門機関でのホワイトニングやセルフホワイトニングを行っても、効果がなかなか現れず、自然な白さの歯にならない場合があります。

さらに歯石(プラーク)がある場合も、汚れが薬剤の効果を阻害してしまい期待通りの白さに近づけないことがあります。そのため専門機関でのホワイトニングやセルフホワイトニングを行う前に、できるだけクリーニングしておきましょう。

4.ホワイトニングについて知り、自然な白い歯を目指そう

ホワイトニングは施術方法や、現在の歯の状況によって目指せる白さが変わってきます。専門機関によるオフィスホワイトニングは実際の歯よりも白くでき、デンタル美容サロンのセルフホワイトニング(※)は、自然な色を目指すことが可能です。

費用については、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングともに保険診療の適用外となります。専門機関や歯の状態によって治療費は異なりますが、専用のマウスピースを作るために約15,000円~25,000円がかかるほか、オフィスホワイトニングの場合は、平均して1回約30,000円~50,000円、ホームホワイトニング専用のジェルは1週間分で1本5,000円ほどかかると見ておきましょう。

デンタルラバーの場合、先述しましたが、サロン級LED照射機「スーパーホワイトLV(※)」とジェル4本セットが、月々2,913円(クラジットカード24回の分割払い・手数料別途)のお支払いで始めることができます。そのため、ホワイトニングが初めての方でも試してみやすいのが魅力のひとつです。
歯本来の白さを取り戻しつつ、口臭ケアも同時にしたいという方は、始めてみてはいかがでしょうか。

※LED照射と専用ゲルとブラッシングの併用による効果。効果には個人差あり。
※医療機器ではありません。効果はLED照射とゲルとブラッシングによるものです。

スーパーホワイトLVのご購入はこちら

【最後に】デンタルラバーのサービスは、一般消費者に歯のケアの大切さを知っていただくためのものであり、最終的には歯医者で適切な治療を受けていただくことを推奨しています。デンタルラバーは一般消費者と歯医者をつなぐ架け橋としての役目を目指す会社です。

ホワイトニングコラムの
監修ドクター

歯科医師:田中希和 Dr.
大阪歯科大学卒業。
一般診療、訪問診療を中心に、食育アドバイザーとして歯と食事の大切を伝える活動を行う。

この記事をシェア