1. デンタルラバーTOP
  2. ホワイトニングコラム一覧
  3. ホワイトニングに年齢制限はある?未成年でも自然な白い歯に!
< TOPへ戻る

ホワイトニングに年齢制限はある?未成年でも自然な白い歯に!

ホワイトニングに年齢制限はある?未成年でも自然な白い歯に!

受験や就活で有利になりたい、あるいは友達に注目されたいと考える中学生・高校生・大学生にもホワイトニングが注目されています。かつては、成長期だという理由で未成年へのホワイトニングの施術はおこなわれていませんでしたが、今では未成年でも施術を受けられる施設が増えてきています。そこで今回は、ホワイトニングの年齢制限や、未成年でも施術可能なセルフホワイトニングについて解説します。

1.未成年はホワイトニングができない?

ホワイトニングの施術に年齢制限は設けられていませんが、成長期の歯への影響を考えて未成年への施術を見合わせるべきだという意見があります。一方、薬剤や技術が進歩するにつれて未成年のホワイトニングおこなう歯科医院が増えているのも実情です。未成年者はホワイトニングができるのか、それともできないのかについて確認してみましょう。

1.1.昔は未成年は禁止だった

自宅で行うホームホワイトニングが実用化されたのは1989年、オフィスホワイトニングの技術が開発された1991年には国内メーカーが海外向けにホワイトニング剤の販売を始めました。

1998年には国内でもホームホワイトニングの施術を受けられるようになりましたが、当時は安全性が定かではなかったため、未成年へのホワイトニング剤の使用を禁止していました。永久歯に生え替わった後しばらくは歯の成長が続くことから、過酸化水素をはじめとする薬剤によるダメージを受けやすいと考えられていたからです。そのため、ホワイトニングの施術を受けられるのは20歳以上の人に限られていました。なお、1991年当時の薬剤は現在も歯科医院向けに販売されていますが、未成年者への使用禁止は解除されています。

1.2.未成年でも使える薬が開発された

ホワイトニングが普及するにつれて、歯や歯ぐきへのダメージを抑えられる薬剤や安全性が向上した機材の開発が進んでいます。2010年代に入ると、ポリリン酸を使用したオフィスホワイトニング用の薬剤が普及し始めました。ちなみにポリリン酸とは生体成分のひとつで、日本の研究者によって発見されています。

ポリリン酸を使用した薬剤では過酸化水素の濃度を薄くできる分、歯や歯ぐきへのダメージを軽減できるとされています。他の薬剤でも安全性の確認が進んだこともあり、ホワイトニングの年齢制限をなくす歯科医院も少なくありません。今でこそ、ポリリン酸は美容セルフホワイトニング用の美容ジェルにも配合されており、ブラッシングにより、デンタル美容サロンや自宅で手軽に歯が本来持つ自然な白さを目指す人も増えています。

1.3.クリニックによってはOKな場合もある

成長期の歯や歯ぐきへの影響を考えて未成年へのホワイトニング施術を見合わせる歯科医院もありますが、親権者の同意を得られれば施術するという医院も多くなってきています。12歳以上を施術対象とする機関や18歳以上なら保護者の同意を不要とする医院など、年齢制限に関する考え方は歯科医院ごとに異なります。また、一部の歯科医院では乳歯へホワイトニングを施術する「キッズホワイトニング」も提供しています。

施術前の説明をおこなうため、申込時や初回施術時に親権者の同伴を求める歯科医院もみられます。歯科医院の判断によっては、ホワイトニングができる年齢でも施術を受けられない場合がある点に留意が必要です。これらの流れから、大人への施術はもちろん未成年へのホワイトニングも普及が進んでいくのではないでしょうか。

2.年齢制限がある理由は?

ホワイトニングでは過酸化水素や過酸化尿素などさまざまな薬剤を使用するため、歯や歯ぐきへの影響がゼロというわけではありません。特に未成年者の場合は永久歯の成長が続いていることもあり、薬剤の影響が出てしまうと歯の成長に影響が出るリスクも考えられます。

過酸化尿素はエナメル質に浸透しやすく、薬剤の種類や濃度によっては歯の脱灰作用が進んで知覚過敏などの症状を引き起こす可能性があります。また、成長期の永久歯は神経が太いといわれており、施術を受ける人の歯の状態や体調などによっては痛みが強く出る場合もあるようです。そのため、ホワイトニングの施術では一定の年齢制限が設けられています。

3.年齢によってホワイトニングの効果が変わる?

年齢によってホワイトニングの効果が変わる?

永久歯に生え替わった後しばらくは歯の成長が続くわけですが、年齢によってホワイトニングの効果は変わるのでしょうか。年齢が進むにつれて歯の黄ばみが強くなる傾向もあり、施術後どれだけ歯の白さを取り戻せるか気になるところです。未成年者と大人に分けてチェックしてみましょう。

3.1.未成年(20歳未満)の場合

未成年の歯は永久歯に生え替わって10年程度なので、大人と比べるとステインが溜まっていない状態です。ただし、生えて間もない永久歯はエナメル質が成長途上なので、象牙質の色(黄色っぽい色)が透けて見えやすい一面もあります。
未成年者の喫煙は禁止されているので、基本的にはヤニによる着色汚れは考えにくいでしょう。

日頃のブラッシングが不十分な場合など、口腔内の状況によっては歯が着色してしまうことも考えられます。しかし、歯内部の健康状態が比較的良好なので、個人差はありますが、大人と比べると未成年の方がホワイトニングの効果が出やすいといえます。また、乳歯にホワイトニングを施術する場合には歯を漂白するよりも薬剤の効果で汚れをつきにくくする方向性を重視しているようです。

3.2.大人(20歳以上)の場合

ホワイトニングの施術を受けられる年齢に上限はないため、歯科医院側で問題ないと判断された方ならホワイトニングを受けられます。色素の沈着量は未成年者よりも確実に多くなっています。たとえば、これまで摂取してきたコーヒーなど色の濃い食品に含まれる色素、タバコを吸う人の場合はヤニ汚れなどです。そのため度合いによってはホワイトニングの効果が表れにくい場合があります。

また、年齢が高くなるにつれて歯のエナメル質が薄くなり、象牙質の黄色っぽさが目立つようになります。ホワイトニングで歯内部に染みこんだ色素を落とした結果、歯本来の色が見えるようになり効果が出にくいと錯覚するケースもあるようです。

4.セルフホワイトニングには年齢制限がない?

デンタル美容サロンや自宅で行うセルフホワイトニングは、18歳以上を対象にしているのが一般的です。歯科医院で実施するホワイトニングとは異なり、専用の美容ジェルやLED照射機(※)を使ってセルフで施術をおこなうのですが、施術費用や内容、注意点を十分に理解した上で取り組む必要があります。そのため、未成年者が勝手に契約を結んでトラブルとならないよう年齢制限を設けているわけです。

近年店舗数を伸ばしており有名なFC含む全国10店舗のセルフデンタル美容サロン「デンタルラバー」では、親権者が同意書を提出した上で事前にクレジットカードで施術費用を決済することが条件ですが、18歳未満の方でもセルフホワイトニング(※)を受けられます。詳しくは、公式サイトをご確認ください。

なお、保護者が美容ジェルや専用機材を購入して、子どもがセルフホワイトニングをおこなうというケースもあるようです。デンタルラバーが開発した家庭用LED照射機とセルフホワイトニング用ゲル4本のセット商品「スーパーホワイトLV(※)」では使用する方の年齢制限を設けていませんが、子ども用に購入した場合は親子で使用上の注意を十分に確認してください。

※LED照射と専用ゲルとブラッシングの併用による効果。効果に個人差あり。
※「スーパーホワイトLV」は医療機器ではありません。
※「スーパーホワイトLV」の効果はLEDとゲルとブラッシングの併用による。歯が本来持つ自然な白さを目指すものであり、それ以上に白くなるものではありません。

「スーパーホワイトLV」の詳細はこちら

5.歯の状態に合わせたホワイトニング方法を選ぼう

ホワイトニングの普及当初は薬剤や機材の安全性が確立されていなかったため、未成年者への施術が禁止されていました。しかし、安全性が向上したことと歯や歯ぐきへの影響が少ない薬剤・機材が開発されたため、現在では親権者の同意を条件に未成年でもホワイトニングを受けられる歯科医院が多くなっています。

デンタル美容サロンで手軽に取り組めるセルフホワイトニングも同様に、親権者の同意のもとで未成年者がサロンに通う事例も増えています。歯の色が気になる場合は、親子で相談しながらホワイトニング方法を選んでみてください。

歯科医院がおこなうホームホワイトニングとオフィスホワイトニングは保険診療の適用外となり、施術を受ける施設によって料金が異なります。
オフィスホワイトニングの場合だと、平均して1回30,000円~50,000円ほどかかります。
デンタル美容サロンの月額通い放題プランの場合、月額10,000~20,000円ほどで通うことができます。所要時間は30分程度、自分のペースで取り組めるので歯が本来持つ白さを取り戻したい方は一度試してみてはいかがでしょうか。

ホームホワイトニングの料金の相場ですが、専用のマウスピースの作製に約15,000円~25,000円、専用のジェルは一週間分で1本5,000円ほどです。

デンタルラバーの場合、ホワイトニングマシン「スーパーホワイトLV(※)」とジェル4本のセットを、月々2,913円(税込・クラジットカード24回の分割払い・手数料別途)で始めることができるため1回で劇的な変化は期待できませんが、ホームホワイトニングよりも安く、費用でホワイトニングをあきらめてしまっている方にもおすすめです。

また「スーパーホワイトLV」の魅力は、「日本初(※株式会社ESP総研調べ。2021年1月現在。)の照射技術」にあります。その技術とは、サロンでルフホワイトニング時(※)に使われる「青色LED+紫外線LED」と、サロンで口臭ケア時(※)に使われる「赤色LED+近赤外線LED」の「4つのLED」を1台で同時照射できるように開発された、特許出願中の技術です。

4つのLED照射と、ゲルと、ブラッシングの併用により、自宅でもサロンと同品質のセルフホワイトニングケア(※)と口臭ケア(※)ができるので、歯本来の白さと爽やかな口臭を取り戻したいかたは是非お試しください。

※LED照射と専用ゲルとブラッシングの併用による効果。効果に個人差あり。
※「スーパーホワイトLV」は医療機器ではありません。
※「スーパーホワイトLV」の効果はLEDとゲルとブラッシングの併用による。歯が本来持つ自然な白さを目指すものであり、それ以上に白くなるものではありません。

スーパーホワイトLVのご購入はこちら

【まとめ】デンタルラバーのサービスは、一般消費者に歯のケアの大切さを知っていただくためのものであり、最終的には歯医者で適切な治療を受けていただくことを推奨しています。デンタルラバーは一般消費者と歯医者をつなぐ架け橋としての役目を目指す会社です。

ホワイトニングコラムの
監修ドクター

歯科医師:田中希和 Dr.
大阪歯科大学卒業。
一般診療、訪問診療を中心に、食育アドバイザーとして歯と食事の大切を伝える活動を行う。

この記事をシェア