1. デンタルラバーTOP
  2. ホワイトニングコラム一覧
  3. 歯のホワイトニングのメリット・デメリットについて解説
< TOPへ戻る

歯のホワイトニングのメリット・デメリットについて解説

歯のホワイトニングのメリット・デメリットについて解説

印象を大きく左右する「歯の白さ」。一度ついてしまった着色汚れや黄ばみを落として歯を白くしてくれるホワイトニングは多くの人々に支持されています。
しかし専門機関で高額な施術代を支払い、ホワイトニングで歯を自然な白さに近づけたはずが、1年も経たないうちに元に戻ってしまったという声も。
そこで今回は、ホワイトニングのメリットだけでなく、デメリットについても解説します。ホワイトニングに対する正しい理解を深め、歯が本来持つ自然な白さを手に入れる方法を考えましょう。

1.そもそも歯のホワイトニングとは?

ホワイトニングは、医療行為として歯を漂泊する際の「ホワイトニング」と、歯を本来の自然な白さに導く美容行為としての「セルフホワイトニング」があります。また、専門機関のホワイトニングはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類あり、それぞれ特徴が異なります。

一方、セルフホワイトニングは、歯磨き粉など市販のケアグッズや美容溶剤を使用し、ブラッシングと併用して歯を本来の自然な白さに戻す方法です。

1.1.オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは専門機関で行うホワイトニングです。
費用は高い反面、短期間で歯が自然な白さに近づく傾向にあります。歯に直接薬剤を塗布して歯を漂白し、1回でホワイトニング効果を実感できる方もいるなど、即効性が期待できるため、早くトーンアップしたい方には適しています。

1.2.ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングで使用する薬剤より低濃度の薬剤を使用します。
薬剤を塗布したマウスピースを装着し、ゆっくりと歯を漂白するのです。効果が緩やかな薬剤を使うため、1回で目を見張るほど白くなることはありません。

専門機関では、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせたデュアルホワイトニングと呼ばれるホワイトニングも行われています。このデュアルホワイトニングは施術代やホームホワイトニング用の薬剤代、マウスピースの制作費などで高額な費用がかかるものの、オフィスホワイトニング後に色が元に戻ってしまうのを防ぐことができます。

1.3.セルフホワイトニング

セルフホワイトニングは、歯の表面の汚れを落としながら歯本来の自然の白さを取り戻すことを目指します。また、その中でも自宅で行うものとデンタルサロンで行うものがあります。

市販品を活用した自宅で行うセルフホワイトニングは、専用の歯磨き粉を使用したり、専用ののマニキュアや消しゴムで歯を磨いたりと方法はさまざまです。一方デンタル美容サロンでは、美容溶剤とLED照射機を使いながら、ブラッシングも併用することで本来の歯の白さを目指します。なお、サロンのスタッフが口や歯に触れることがなく、すべて自分自身で行うのもセルフホワイトニングの特徴です。

2.ホワイトニングによるメリット

オフィスホワイトニングやホームホワイトニング、セルフホワイトニングには、全体として次のようなメリットがあります。

2.1.歯を自分好みの色に近づけられる

歯の白さは印象を大きく左右します。ホワイトニングをおこなうと、好みの白さまで歯を明るくすることができます。
オフィスホワイトニングは、目標とする白さを1回で手に入れられる即効性があり、セルフホワイトニングは、自然な白さに戻るまで自分のペースで続けられる魅力があります。

2.2.歯(エナメル質)を傷める心配がない

オフィスホワイトニングやホームホワイトニングは、薬剤をエナメル質に浸透させて、歯の色素と反応させて漂白します。決して、歯を削ったり、溶かしているわけではありません。
また、セルフホワイトニングは、歯の表面の汚れを落とすもので歯本来の白さ以上に白くするものではありません。使用する薬剤の強さも個人が使用できる範囲に留められているため、歯に与える影響は少ないとされています。

2.3.虫歯予防にもつながる

オフィスホワイトニングやホームホワイトニングで使用する薬剤には、殺菌・抗菌の作用があり虫歯リスクを軽減します。また、ホワイトニングをした後は歯がフッ素を取り込みやすくなり、口内環境も良くなります。

もちろん、セルフホワイトニングも、歯の汚れを取り除き口内を清潔に保つことで、虫歯の予防につながります。

3.ホワイトニングを行う際の注意点

ホワイトニングを行う際には気を付けなければならない点がいくつかあります。以下で確認しましょう。

3.1.歯の状態によっては利用できない

ホワイトニングはどの歯に対してもできるわけではなく、中には効果の得られない歯もあります。
例えば、テトラサイクリン系の抗生物質の副作用で変色した歯は「テトラサイクリン歯」とも呼ばれ、ホワイトニングをしても白くなりません。また、神経を失った歯や歯の表面のエナメル質や象牙質が上手くつくられず変色が生じているような形成不全の歯もホワイトニング効果が期待できません。
同様に詰め物やインプラント、入れ歯も白くなりません。

テトラサイクリン歯についてはこちらの記事をご覧ください。
» テトラサイクリン歯はホワイトニングで白くなる?白さを取り戻す3つの方法

ホワイトニングをする歯は、健康であることが基本です。そのため虫歯にはホワイトニングができません。これは、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングに限らず、セルフホワイトニングにも共通している注意点です。

3.2.繰り返しメンテナンスする必要がある

各種ホワイトニングで自然な白さに近づいた歯は、永久に白いままというわけではありません。それぞれの施術の効果時間にはばらつきがありますが、どの施術においても白さを維持するためのメンテナンスが必要です。メンテナンスを怠ると、せっかく手にした白さがくすんでしまうことになるため、注意しましょう。

3.3.効果が出るまでに時間がかかる場合も

ホームホワイトニングやセルフホワイトニングといった自宅で行うお手入れは、オフィスホワイトニングと比べると効果を感じるまでに時間がかかります。ホームホワイトニング、セルフホワイトニングともに1ヶ月から6ヶ月程度の長期的な目線をもって行うとよいでしょう。

3.4.飲食に注意しなければならない

オフィスホワイトニングやホームホワイトニング後は、飲食に注意が必要です。
ポリフェノールを多く含む赤ワインやチョコレート、カレーやソースなどの色の濃いものを食べると着色しやすいので気をつけましょう。

セルフホワイトニング直後もこれらの食べ物は避けた方がよいですが、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングほど神経質になる必要はありません。食事制限を特に設けていないセルフ式デンタル美容サロンも存在します。

4.セルフホワイトニングが注目されている理由

セルフホワイトニングが注目されている理由

セルフホワイトニングは、専門店に通う時間のない人でも気軽にお手入れをはじめられるため注目されており、本格的なホワイトニングをする前のお試しにもおすすめです。
また、専門機関で行うオフィスホワイトニングやホームホワイトニングの効果は永久ではありません。そのため、ホワイトニングで手に入れた自然な白い歯を長く保つ定期的なメンテナンスに、セルフホワイトニングは選ばれています。

なかでも、全国10店舗を展開(2021年5月現在)する現役歯科医監修のセルフデンタル美容サロン「デンタルラバー」がが開発したセルフホワイトニングゲルとLED照射機のセット商品「スーパーホワイトLV(※)」は、デンタルラバーのサロン店舗で採用された照射器「メガパワーホワイト」と同じセルフホワイトニング効果(※)が期待できるアイテムです。

「スーパーホワイトLV(※)」には、デンタルラバーのサロンでセルフホワイトニングをする時に使われれる紫外線LEDと青色LEDのダブル照射ができるモードと、口臭ケアをする際に使用する「赤色LED+近赤外線LED」のダブル照射を加えて青色・紫外線・赤色・近赤外線の4種類のLEDが照射できる温感モードがあります。温感モードでは、ゲルとブラッシングの併用によって口臭のお手入れまで可能です。ゲルを塗って口にくわえるだけなので、基本的な操作は難しくありません。
電動歯ブラシのように毎分20,000回の高周波振動で歯、歯茎に心地よい刺激も与えます。毎日の使用は10分から15分。気軽に続けられるのでおすすめです。

LEDと相性の良い酸化チタンをはじめ、ポリリン酸Na、ヒドロキシアパタイト、炭酸水素Na、PEG-6などが配合された「専用のホワイトニングゲル4本/480ml/120回分」と、本体のセットが月々たったの2,913円(税込・クレジットカード24回の分割払い・手数料別途)なので、本来の白さと爽やかな口臭を取り戻したい方は是非お試しください。

※「スーパーホワイトLV」の効果はLEDとゲルとブラッシングの併用による、効果には個人差有り

「スーパーホワイトLV」の詳細はこちら

5.ホワイトニングのメリット・デメリットを知り理想の歯へ

ホワイトニングは、歯への負担を抑えつつ、自然な白い歯を目指せます。しかし自分好みの色に近づけられ、虫歯の予防にも一役買う魅力がある一方で、永久ではないため定期的なメンテナンスが必要な点に注意が必要です。

せっかくホワイトニングで手に入れた美しい歯が、お手入れ不足によって黄ばみが気になる歯に戻ってしまわないよう、定期的なメンテナンスを行いましょう。

スーパーホワイトLVのご購入はこちら

【最後に】デンタルラバーのサービスは、一般消費者に歯のケアの大切さを知っていただくためのものであり、最終的には歯医者で適切な治療を受けていただくことを推奨しています。デンタルラバーは一般消費者と歯医者をつなぐ架け橋としての役目を目指す会社です。

この記事をシェア