1. デンタルラバーTOP
  2. ホワイトニングコラム一覧
  3. ホワイトニングの回数や頻度は?ライフスタイルに合わせた選び方
< TOPへ戻る

ホワイトニングの回数や頻度は?ライフスタイルに合わせた選び方

ホワイトニングの回数や頻度は?ライフスタイルに合わせた選び方

https://pixta.jp/photo/58332807

歯科や美容サロンなどで最近目にする機会が増えた「歯のホワイトニング」。何回通えば効果を感じられるのか、回数や頻度は気になるところです。また、「一度行ったけれど変化がなかった」「1回で効果を感じたけれど、痛みも感じた」など、さまざまな意見を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

それぞれのライフスタイルにあわせたホワイトニングを選べるように、ホワイトニングの種類や回数、頻度についてまとめました。美しい歯を手に入れるために最適な方法を見つけてください。

1.そもそも歯が黄ばむのはなぜ?

歯は、ベースとなる「象牙質」と象牙質の表面を覆っている「エナメル質」、神経が通る「歯髄(しずい)」「セメント質」などで構成されています。表面のエナメル質は通常半透明で、象牙質の色によって白く見えたり、黄みを帯びて見えたりします。そのため、象牙質の色が原因で黄ばみを感じる場合、表面をキレイにしただけでは変化が実感できないことがあります。

ただし、もともと白かった歯が黄ばんできた場合、問題は象牙質ではなくエナメル質にあると考えられています。これはエナメル質の表面に付着して蓄積し、着色汚れ(ステイン)になる食べ物や飲み物が原因です。これらの着色汚れ(ステイン)によって黄ばんでいる場合は、着色汚れ(ステイン)を取り除くことで、歯が本来持つ自然な白さを取り戻すことができます。

2.ホワイトニングとは?

そもそもホワイトニングは、白い歯を目指すことを目的としています。特に歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と呼ばれる方法は、歯の表面を磨いてステインを除去するクリーニングとは異なり歯の色そのものにアプローチして薬剤で漂白するため、クリーニングでは思うような手応えを感じられなかった人にも選ばれています。

2.1.ホワイトニングで歯が白くなる理由

ホワイトニングで歯が白くなるのは、薬剤を用いて歯の色素を分解し、色調を目立たなくさせることができるからです。
暗く見えている歯の色素を化学反応によって分解し、色素が減ることで歯を自然な白さに近づけます。医療用の薬剤か、セルフホワイトニングサロンで用いられている溶剤かによって歯のそのものの色を白くするのか、表面の着色汚れを取り除くことで自然な歯の白さにするのか違いがあります。

2.2.ホワイトニングの方法は主に3種類

まずホワイトニングには、オフィスホワイトニングのほかに、ホームホワイトニングがあります。オフィスホワイトニングは、歯科医院で歯科医師、歯科衛生士が行う施術です。医師や歯科衛生士など資格を持っていないと扱うことのできない「過酸化水素水」などを用い、専用機械を使ってお手入れを行います。ホームホワイトニングは、歯科医院で歯形をとって、自分に合うマウスピースを作り、マウスピースに薬剤入りのジェルを入れて装着する方法です。

また、サロンで行うセルフホワイトニングは、サロンスタッフから施術の方法や器具の使い方を説明してもらい、自分で行います。LED照射とゲルとブラッシングの併用により、歯の着色汚れ(ステイン)を落として、歯が本来持つ自然な白さを取り戻す、クリーニングに近い施術です。

このセルフホワイトニングには、サロンで行う方法と自宅で行う方法があります。自分自身で行うため、効果には個人差がありますが、歯の内部に影響を与えるわけではないため、負担の少ない施術として知られています。

2.3.目的ごとにホワイトニングの回数・頻度を選ぼう

オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、セルフホワイトニングには、それぞれメリットとデメリットがあり、回数や頻度にも違いがあります。ライフスタイルや目指す口内環境に応じて選ぶようにしましょう。

なるべく早く白い歯を手に入れたいのか、継続的に白い歯を手に入れたいのか、自分のペースで自然な白い歯を手に入れたいのかによって選択肢は異なります。

2.3.1 早く白い歯を手に入れたい

なるべく早く白い歯を手に入れたい人に適しているのはオフィスホワイトニングです。オフィスホワイトニングの通院回数は、歯科医院によって差はあるものの2~3回が目安です。カウンセリングと歯の表面の汚れを取り除くクリーニングを1回目に行い、ホワイトニングを2回目に行うのが主流となっています。ただし、歯の状態によって3回目の通院が必要になるケースもあるようです。施術時間は30分〜1時間ほどです。

即効性が期待できる点や回数が少なくすむ点はメリットとして挙げられますが、人によっては刺激や痛みを感じることがあるなど、デメリットもあります。また、歯の明るさが長期間続かない点にも注意が必要です。

2.3.2 継続的に白い歯を保ちたい

継続的に白い歯を手に入れたい人に適しているのがホームホワイトニングです。ただしホームホワイトニングは、効果を感じるまでに時間がかかります。毎日、2~3時間ほどの使用で実感できるまでに数ヶ月かかることもあるでしょう。時間がかかるのはネックですが、オフィスホワイトニングに比べ、歯の明るさが長持ちする点はメリットと考えられています。

2.3.3 自分のペースで白くしたい

自分のペースで自然な明るさの歯を手に入れたい人に適しているのがセルフホワイトニングです。セルフホワイトニングは薬剤ではなく美容溶剤を使用するため歯や歯茎への負担も少なく、頻度、回数に制限がありません。毎日あるいは、1日に2回連続ケアなど好きなときに何度でもお手入れが可能です。効果はブラッシングを伴うもので、効果には個人差があり、1回で手応えを感じる方もいますが、複数回利用することで明るさを取り戻せる方もいます。制限がなく、いつでも手軽にできる点は魅力的です。

なお、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングは、保険診療の適用外となり、医院によって治療費は異なります。オフィスホワイトニングは、平均して1回30,000円~50,000円。ホームホワイトニングは、30,000円~40,000円が相場です。ホームホワイトニングのほうが費用を安く抑えられる印象ですが、セルフホワイトニングは更にリーズナブルです。

そこで手軽に自然な白い歯を目指す方には、セルフホワイトニングがおすすめです。回数も無制限、理想的な白さになるまで自分の好きなタイミングで何回でも施術を受けられるメリットもあります。それではセルフホワイトニングの頻度や回数についてさらに詳しく解説します。

3.セルフホワイトニングを行う頻度・回数


https://pixta.jp/photo/53916016

先述した通り、一般的にセルフホワイトニングは頻度や回数に制限がありません。そのため好きな時に何度でもお手入れができます。初回で歯の色の変化を感じる方もいれば、回数を重ねることで次第に効果を感じられる方もいます。効果には個人差があるため、まずは効果が出るまで毎日実施するのがおすすめです。

そして効果を感じた後は、白い歯を維持するため定期的にタッチアップを行うことで、さらに美しい歯が維持できるでしょう。タッチアップの頻度や回数は、個人差がありますが、白さが失われてきたと感じるタイミングでお手入れをすれば、早く美しい歯を取り戻す効果が期待できます。

サロンにおいて、セルフホワイトニングにかかる時間は15~30分程度。また、市販されているホワイトニング用機器(セルフホームホワイトニング)の持続時間は、10分から15分程度が一般的です。

デンタルラバーのサロンで行われるセルフホワイトニング(※)は、LED照射(※)、ゲル、ブラッシングの併用によって効果が期待できる方法です。デンタルラバーでは、歯のセルフホワイトニング(※)だけでなくセルフ口臭ケアも低価格で行うことができます。また、使用するセルフLED照射機とゲルは自社開発した製品です。

初回は、機械の使い方や施術方法などのカウンセリング時間に45分、セルフケアの時間に25分必要なため、合計で70〜75分程度になります。ただし、2回目以降はセルフケアの25分だけで施術ができるので、仕事帰りなどにも気軽に立ち寄れると人気です。

例えば、デンタルラバー恵比寿店は、非接触型セルフサロンで完全個室制。清潔な空間でセルフホワイトニング(※)のやり方をオンラインマニュアルでわかりやすく解説してもらえます。もちろん、やり方がわからなければ店頭のデンタルセラピストに質問することも可能です。

デンタルラバーのサロンの詳細はこちら

セルフホワイトニング(※)は、利用する頻度が高まる分、効果を感じ始めてからは3〜6ヶ月と比較的長く白さが続く傾向にあります。もちろん、効果を持続させるために定期的なお手入れも必要です。

効果の実感には個人差がありますが、高頻度で利用すれば1ヶ月くらいで効果を感じ始める人もおり、1年間くらい続けると自然な歯の白さに近づけると考えられています(※期間や効果効能を保証するものではありません)。定期的なお手入れによって、効果をより長く維持できるようになるため、長期的で継続的なお手入れを視野に入れて通うとよいでしょう。

※LED照射と専用ゲルとブラッシングの併用による効果。効果に個人差あり。
※医療機器ではありません。効果はLED照射とゲルとブラッシングによる

4.希望する頻度・回数に合ったホワイトニング方法がおすすめ

早く白い歯を手に入れたいのならオフィスホワイトニング、継続的に白い歯を手に入れるならホームホワイトニング、自分のペースでファッション感覚で自然な白さを目指したい方にはセルフホワイトニングやセルフホームホワイトニングがおすすめです。また、費用をなるべく抑えたい人にも、セルフホワイトニングやセルフホームホワイトニングが向いています。ライフスタイルに合わせて、希望する頻度や回数を考えながら適切に選びましょう。

デンタルラバーは恵比寿にサロンがございます。また、近くにお住まいではない方、自宅で気軽にセルフホワイトニング(※)をしたいという方には、自宅でお使いいただける「スーパーホワイトLV」がおすすめです。

「スーパーホワイトLV」は、直営サロンと同じLED波長と業務用ゲルを使用し、サロンと同等の効果が期待できるマシンです。家庭向けでありながら、サロン級の波長域で、前歯だけでなく、奥歯まで行き届きます。しかも、青色LEDと紫外線LEDのダブル照射は、特許出願中の技術です。さらに、モードを選べば4種類のLED(青色、紫色、赤色、近赤外線)と、ゲル、ブラッシングの併用により、口臭ケアも期待できます。

公式ショップで購入した場合は、1年の保証も付いています。自宅で試したいという方は、「スーパーホワイトLV」で自分の好きなタイミングでお手入れしてみてはいかがでしょうか。

※LED照射と専用ゲルとブラッシングの併用による効果。効果に個人差あり。
スーパーホワイトLVのご購入はこちら

この記事をシェア