1. デンタルラバーTOP
  2. ホワイトニングコラム一覧
  3. 歯の黄ばみをケアしたい!黄ばみの原因と自然な白い歯を取り戻す方法
< TOPへ戻る

歯の黄ばみをケアしたい!黄ばみの原因と自然な白い歯を取り戻す方法

毎日きちんと歯磨きしていても、歯が黄ばんでしまう方は少なくありません。他人からの第一印象は口元で決まるともいわれているため、口元の美しさを損なう「歯の黄ばみ」をどうにかしたいと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、歯が黄ばんでしまう原因や歯の着色汚れ(ステイン)のケア方法について解説します。白い歯をキープするためにできることも、あわせてチェックしておきましょう。

1.歯が黄ばんでしまう原因とは?

歯が黄ばむ理由はいくつかあり、飲食物や嗜好品に含まれる色素が歯に付着することや加齢、生活習慣も黄ばみの原因になります。歯が黄ばんでしまう原因を、詳しく見ていきましょう。

1.1.飲食物やタバコによる着色

食べ物や飲み物に含まれる色素が歯の表面に付着すると、色素の成分と歯のエナメル質を覆うタンパク質が結びついて、着色汚れ(ステイン)が発生します。コーヒーや赤ワイン・チョコレートといった色の濃い飲食物を摂ると、ステインが付着しやすいといわれています。それ以外にも緑黄色野菜、大豆製品、リンゴやバナナやレモンといったフルーツなど一見、色の薄い食べ物でもステインが付着しやすいと言われているため注意が必要です。

歯が汚れたままだと、ステインがエナメル質の中に浸透してしまい黄ばみが定着してしまうのです。コーヒーをこぼした後に放置しておくと、なかなかシミが取れなくなる状況と似ています。

また、タバコに含まれるタール(ヤニ)は粘着力が強いため、歯磨きをせずに放っておくとステインも取れずに歯の黄ばみが進んでしまいます。喫煙室の壁が黄色くなるのと同じ現象が、口の中でも起こっていると考えるとわかりやすいでしょう。

1.2.加齢による変化

歯の表面を覆うエナメル質が加齢によって薄くなると、エナメル質の内側にある象牙質が透けて見えやすくなり、歯が黄ばんだように見えます。

そもそも象牙質は黄褐色で色の濃い・淡いには個人差があるため、同じ年齢でも人によって歯の黄ばみ具合は変わります。エナメル質の厚みも同様に個人差があり、歯の状況によっては比較的若い人でも歯の黄ばみが強めに出ることもあるのです。

1.3.磨き残しによる変色

歯の磨き残しも、歯が黄ばんでしまう原因の一つです。飲食後は口の中でミュータンス菌が増殖して口の中が酸性になり、その影響で歯のエナメル質に含まれるミネラル成分が溶け出す「脱灰」という現象が起きます。ですがこれは、歯磨きをして口内を清潔にすることで唾液の作用(再石灰化)が起こり、溶け出したミネラルも元に戻ります。

一方、歯の磨き残しがあると歯垢を栄養分としてミュータンス菌の増殖が続き、脱灰が進みます。そのため、歯のツヤがなくなって黄ばみが目立つようになるわけです。

2.黄ばんでしまった歯の着色汚れをケアする方法

歯の黄ばみに気付いたら、まずは毎日のケアで歯の汚れを落とせるかどうか試してみましょう。どうしても歯の黄ばみが気になる方は、歯科医院に相談することも一つの方法です。

2.1.毎日のケアで歯の汚れを落とす

いつもより歯が黄色いと思ったら、まずは念入りに歯を磨いて可能な限り歯垢を取り除くようにします。歯の表面と歯ブラシの毛先が直角になるように当てて、軽い力で細かく動かすのが磨き残しを少なくするコツです。歯の間・歯と歯ぐきの境目も鏡を見ながら丁寧に磨きましょう。

2.2.歯科医院を活用する

毎日のケアでも歯の着色汚れが落ちず、気になる場合には歯科医院を活用するのも有効です。歯科医院では、歯のクリーニングやホワイトニングといった審美治療を提供しており、器具や薬剤を使って歯の汚れを落とす処置をしてくれます。必要な時間や費用は歯科医院ごとに異なるため、利用前に確認することをおすすめします。

 

2.3.セルフホワイトニングサロンを活用する

サロンに置いてあるLED照射機を自分自信で操作し、サロン専用溶剤を歯に塗布して使うセルフホワイトニングサロン。LED照射機の使い方、ブラッシングのやり方は店舗のスタッフに説明してもらい、実際の施術はすべて自分自身で行います。

効果に個人差はあるものの中には初回から効果が感じる事ができる場合もあるようです。また、歯医者のオフィスホワイトニングと比べると歯科医の技術料がかからない分、自分で処置するため費用が比較的リーズナブルなことも、セルフホワイトニングの特徴です。
※LED照射と専用ゲルとブラッシングの併用による効果。効果に個人差あり。
※医療機器ではありません。効果はLED照射とゲルとブラッシングによる

3.自然な白い歯をキープするためにできること

歯の黄ばみを防ぐのは難しいと思われがちですが、口内環境を清潔な状態に保つことで歯の黄ばみへの対策は可能です。ステイン除去効果のある歯磨き剤などのオーラルケアアイテムも多数販売されています。近年では、自宅やデンタル美容サロンで取り組める「セルフホワイトニング」も注目されています。自分にできる方法から試してみましょう。

3.1.口内環境を清潔な状態に保つ

日頃から口内環境を清潔に保っておくことが、歯にステインを付着させずに白い歯をキープするための第一歩です。歯垢や歯石が歯の黄ばみの原因になり、場合によってはむし歯に発展することもあるため、磨き残しのないよう丁寧にケアしましょう。歯ブラシが届きにくい場所にもアプローチできる、タフトブラシも役立ちます。

前述の歯磨きによるケアはもちろん、デンタルフロスや歯間ブラシを活用して歯と歯の間の歯垢も取り除くようにします。デンタルフロス・歯間ブラシともに何種類かのサイズが用意されているので、自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。

すぐに歯磨きなどのケアができない場合は水やマウスウォッシュでうがいをするのも、口内環境を清潔に保つ方法としておすすめです。

3.2.ステイン除去アイテムを使ってケアする

白い歯をキープするためのアイテムとして、ホワイトニング効果のある歯磨き剤やマウスウォッシュも活用できます。有効成分が歯に付着したステインを落としてくれるので、毎日のケアには効果的です。歯をコーティングする成分によって、汚れの付着を軽減するものもあります。

歯ブラシ感覚で使える、歯の消しゴムも販売されています。タバコで付いたヤニを落としたり、歯ブラシでは取りづらい歯と歯の間の汚れを落としたりする方法としても有効です。
アイテムを使用する前に注意書きをよく読んで、歯や歯茎を傷めないように正しく活用しましょう。

3.3.LED照射機を用いたセルフホワイトニングを併用する

日々のケアに加えてセルフホワイトニングを併用するのも、白い歯を保ち続けるためには効果的です。デンタル美容サロン専用の溶剤やLED照射機を使い仕上げ磨きすることで、歯が本来もつ自然な白さに近づけていきます。医薬品ではないので、痛みが少ないという声もあります(※)。セルフホワイトニングサロンやデンタル美容サロンに通って施術を受ける方法と、家庭用のLED照射機と溶剤のセットを購入して自宅で取り組む方法があります。

デンタルラバーでは、月々の会費を払えば通い放題となるセルフホワイトニングプランを提供しています。施術用マシンの操作は自分で行うスタイルですが操作方法は簡単で、気になる点はデンタルセラピストに気軽に相談できます。あわせて、ホワイトニングに特化したLED照射機「スーパーホワイトLV(※)」と専用溶剤4本のセットを月々2,955円(クレジットカード24回の分割払い・手数料別途)で提供しています。毎日のブラッシングにプラスして手軽にセルフホワイトニングをスタートできるのが魅力です。忙しくてサロンに通う時間がないという人にも向いています。
※LED照射と専用ゲルとブラッシングの併用による効果。効果に個人差あり。
※「スーパーホワイトLV」の効果はLEDとゲルとブラッシングの併用による。歯が本来持つ自然な白さを目指すものであり、それ以上に白くなるものではありません。

「スーパーホワイトLV」の詳細はこちら

4.歯のケアで注意すべきこと

歯の着色汚れを落として白い歯をキープするといっても、適切な方法で歯をケアしなければ逆効果になってしまいます。

例えば、研磨剤が配合された歯磨き剤をつけて強く磨きすぎると歯の表面が傷つき、その部分に汚れがたまってむし歯の原因になるケースがあります。歯茎が傷つくと知覚過敏の原因にもなります。歯ブラシの毛先がつぶれて開かない程度の力で、細かく動かしながら歯を磨いていきましょう。

重曹やクエン酸が歯磨き剤に配合されているからといって、重曹やクエン酸だけを使って歯を磨くのは逆効果です。万が一食用でないものを使ってしまうと、飲み込んだ後で健康に影響が及ぶ恐れがあります。エナメル質を過度に削り落とすリスクもあるため注意が必要です。

また、歯の消しゴムと同じようにメラミンスポンジで歯の汚れを落とそうと考える方もいますが、歯や歯茎にダメージを与える恐れがあります。摩擦熱によってやけどを負ったり、歯のエナメル質まで削ってしまったりした事例もあるため、メラミンスポンジは使わないようにしてください。

5.歯の黄ばみをケアして輝く笑顔を手に入れよう

歯の黄ばみは生活習慣や加齢が原因で起こりますが、毎日のケアで歯の汚れを丁寧に落とすことで、ある程度は歯の黄ばみ対策が可能です。ホワイトニング効果のある歯磨き剤など、自分に合ったオーラルケアアイテムも活用できます。

白い歯を長期的に継続してキープするには、セルフホワイトニングも効果的です。デンタルラバーでは、自宅でセルフホワイトニングができる「スーパーホワイトLV(※)」やサロン通い放題プランをご用意しています。本来の歯の白さを取り戻せるかもしれないので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

※LED照射と専用ゲルとブラッシングの併用による効果。効果に個人差あり。
※「スーパーホワイトLV」の効果はLEDとゲルとブラッシングの併用による。歯が本来持つ自然な白さを目指すものであり、それ以上に白くなるものではありません。

スーパーホワイトLVのご購入はこちら

【最後に】デンタルラバーのサービスは、一般消費者に歯のケアの大切さを知っていただくためのものであり、最終的には歯医者で適切な治療を受けていただくことを推奨しています。デンタルラバーは一般消費者と歯医者をつなぐ架け橋としての役目を目指す会社です。

ホワイトニングコラムの
監修ドクター

歯科医師:田中希和 Dr.
大阪歯科大学卒業。
一般診療、訪問診療を中心に、食育アドバイザーとして歯と食事の大切を伝える活動を行う。

この記事をシェア