1. デンタルラバーTOP
  2. ホワイトニングコラム一覧
  3. ホームホワイトニングとは?自宅で行うメリットや効果期間 始める方法を解説
< TOPへ戻る

ホームホワイトニングとは?自宅で行うメリットや効果期間 始める方法を解説

人の第一印象が決まる口元。歯の白さや清潔感を保ちたい、気になる歯の黄ばみをどうにかしたいと考える方も少なくないと思います。しかし、いざホワイトニングをしたいと思っても、どのような処置がされるのかわからないために歯のホワイトニングに踏み出せない人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな方のために、手軽にできるホームホワイトニングについて詳しくご紹介していきます。

1.ホームホワイトニングとは?

ホームホワイトニングとは、自宅で自ら行うホワイトニングのことを指します。専用のマウスピースと専用の薬剤を使用し、徐々に歯を本来の白さに戻していきます。自分のペースでホワイトニングができるため、忙しい毎日の中でも気軽に白い歯を手に入れることができます。

2.オフィスホワイトニングとの違い

オフィスホワイトニングは、歯科医院で行うホワイトニングを指し、有資格者である歯科医師や歯科衛生士のみが取り扱える強い濃度のジェル(薬品)を使用します。一度の施術で歯を本来の白さに近づけられますが、ホームホワイトニングに比べると効果が薄れるのは早いと言われています。

3.ホームホワイトニングのメリット

次にホームホワイトニングのメリットについてご紹介していきます。

3.1.手軽さ

ホームホワイトニングの最大の特徴は、自宅で手軽にホワイトニングが行えることです。一回あたり2~3時間マウスピースを装着するだけで、歯を徐々に白くすることができます。

3.2.費用が比較的安い

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングともに保険診療の適用外となり、医院によって治療費は異なります。専用のマウスピースの作製に約15,000円~25,000円、ホームホワイトニング専用のジェルは一週間で1本5,000円ほどです。

オフィスホワイトニングの場合は、平均して1回30,000円~50,000円ほど必要になるため、ホームホワイトニングのほうが費用を安く抑えることができます。

デンタルラバーの場合、ホワイトニングマシン「スーパーホワイトLV」とジェル4本のセットを、月々2,933円(24回の分割払い・手数料別途)で始めることができるため、費用でホワイトニングを諦めてしまっている方にもおすすめです。

3.3.効果が長持ちする

ホームホワイトニングは効果が出るまでに時間がかかりますが、そのぶんオフィスホワイトニングよりも効果が長持ちすると言われています。

  • オフィスホワイトニングの持続期間・・・約2~3ヶ月
  • ホームホワイトニングの持続期間・・・約6ヶ月~1年

早く歯を白くしたい場合はオフィスホワイトニング、効果を長く持続したい場合にはホームホワイトニングがおすすめです。

3.4.マウスピースを何度も使える

ホワイトニングが終わった後もマウスピースを保管しておけば、その後も繰り返し使用することができます。

※マウスピースの変形や破損がある場合には作り替えが必要です。

4.ホームホワイトニングのデメリット

ホームホワイトニングは自分のペースで進めることができ、安価で手軽な方法ですが、デメリットもあります。事前にしっかり把握しておきましょう。

4.1.飲食制限がある

ホームホワイトニング中は、数時間飲食をすることができません。またホワイトニング後24時間は、コーヒーやお茶、紅茶、赤ワイン、カレーやケチャップなどの着色性の高い食べ物、飲み物を控える必要があります。

4.2.効果が出るまでに時間かかる

オフィスホワイトニングで使用するジェルよりもホームホワイトニングで使用するジェルの方が薬品の濃度が低く、効果を感じるまでに2~4週間かかるといわれています。

4.3.歯にしみる可能性がある

歯ぎしりや食いしばりの癖などの影響によって歯がすり減っている場合や、知覚過敏の症状がある場合、ホワイトニング中に歯がしみる可能性があります。

ホームホワイトニングのデメリットが気になった方には、自宅でセルフホワイトニングができるデンタルラバーの「スーパーホワイトLV※」がおすすめです。スーパーホワイトLVは、エステと同じ波長を持つ照射機とゲルを使った、セルフホワイトニング商品です。

※「スーパーホワイトLV」の効果はLEDとゲルとブラッシングの併用による。歯が本来持つ自然な白さを目指すものであり、それ以上に白くなるものではありません。

また、このスーパーホワイトLVに使用する専用ゲル、スーパーホワイトニングゲルはパラベンフリーで低刺激のため、ホームホワイトニングの治療による刺激が気になる方もぜひ一度お試しください。

5.ホームホワイトニングの流れ

ホームホワイトニングは、マウスピースとホワイトニング剤の用意ができれば以下の3ステップで簡単に行うことができます。歯科医院に通う必要もなく自分のペースで行えるので、時間的な負担もありません。

5.1. STEP1)歯磨きをする

歯が汚れていると効果が薄れてしまう可能性があるため、ホームホワイトニング前には必ず歯磨きを行いましょう。

5.2. STEP2)マウスピースにジェルを注入

マウスピースにホームホワイトニング専用のジェルを注入します。ジェルは指示された分量を守り丁寧に注入することが大切です。

5.3. STEP3)マウスピースの装着

ご自身でマウスピースを装着します。ジェルがすべての歯に行き渡っていることを確認し、指示された時間装着しましょう。

デンタルラバーの「スーパーホワイトLV」の場合は、1回10分~15分の使用でホワイトニングが完了します。また、約45gと超軽量なため、メイクやネイルをしながらでも使用できます。

このように、ホームホワイトニングの手順は非常に簡単。忙しい人や通院の予定が立てにくい人、手軽にホワイトニングを行いたい人におすすめです。

6.ホームホワイトニングを行う際の注意点

ホームホワイトニングには自宅で手軽にホワイトニングができるメリットがありますが、以下の点に気をつける必要があります。

6.1.ホワイトニングを行う時間を守る

ホームホワイトニング用のジェルは低濃度の薬品ですが、指定された時間以上塗布してしまうと「歯にしみる」「痛みを感じる」可能性もあるため、マウスピースの装着時間を守りましょう。

6.2.使用するジェルの量を守る

規定量以上のジェルを注入するとマウスピースからジェルが溢れ、歯にしみる可能性があるため、指定された量を守りましょう。

また、使用するジェルが少ないと効果が実感できない場合もあります。

そのためデンタルラバーでは、効果を実感していただくためにも、たっぷりと塗っていただくことを推奨しています。

※効果はLED照射とジェルとブラッシングの併用による

6.3.ホワイトニングの頻度を守る

ホームホワイトニング用のジェルの使用頻度はおおよそ1日1回です。早く歯を白くしたいという気持ちから1日に何度も行いたいと考える方もいるかもしれませんが、決められた使用頻度を守りましょう。

7.ホワイトニングの効果を長持ちさせる方法

ホワイトニングの効果は半永久的ではなく、あくまで一時的なものとなります。ホワイトニングの効果を長持ちさせるため、以下のような対策を行いましょう。

7.1.コーティングを行う

虫歯予防に効果があるとされているフッ素は、ホワイトニングの効果を長持ちさせる特性もあるため、ホワイトニング後にフッ素ジェルのコーティングを塗布することが推奨されています。

7.2.歯に汚れや色が付着しやすい食べ物を避ける

ホワイトニング後の歯の表面は色素沈着しやすくなっています。コーヒーやお茶、紅茶、ワイン、カレー、ケチャップ、色が着いている清涼飲料水などの着色性の強い食べ物、飲み物は避けましょう。

8.ホームホワイトニングで白い歯を手に入れよう

ホームホワイトニングのメリットやデメリット、注意点について紹介しました。

自宅で手軽に行えるホームホワイトニングは自身で継続して行う必要がありますが、希望する歯の白さに調整することができ、メンテナンスも手軽に行えます。

デンタルラバーでは、ホームホワイトニングとは異なりますが…自宅でセルフホワイトニング(※)ができる「スーパーホワイトLV」を開発。オフィスホワイトニングに通う時間がなくても、歯型を取りにいく時間が作れなくても、WEBで申し込むだけで、本来の歯の白さを取り戻すことができるかもしれない「スーパーホワイトLV」を手に入れることができます。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

※「スーパーホワイトLV」の効果はLEDとゲルとブラッシングの併用による。歯が本来持つ自然な白さを目指すものであり、それ以上に白くなるものではありません。

この記事をシェア