1. デンタルラバーTOP
  2. ホワイトニングコラム一覧
  3. ホワイトニングで歯がもろくなる?歯のダメージを防ぐおすすめの方法とは
< TOPへ戻る

ホワイトニングで歯がもろくなる?歯のダメージを防ぐおすすめの方法とは

ホワイトニングで歯がもろくなる?歯のダメージを防ぐおすすめの方法とは

歯の黄ばみを取り除くためにホワイトニングを受ける方が増えています。しかし歯の黄ばみのケアはしたいものの、ホワイトニングの後に歯がもろくなるなど、何らかのダメージを受けるのではと心配する方もいるのではないでしょうか。

この記事では、ホワイトニングで歯がもろくなると思われている理由や歯へのダメージを少なくする方法について解説します。

1.ホワイトニングで歯がもろくなるって本当?

結論からいえば、ホワイトニングで歯がもろくなることはありません。歯の内部に染み込んだ色素を薬剤を使って歯の内部で分解して歯を白くするのがホワイトニングです。薬剤の作用で一時的に歯のペリクルが剥がれますが、数時間後には再形成されます。ペリクルが剥がれて再形成されるという作用は、実は普段の歯磨きでも起こっていることなので特別なことではありません。

歯の汚れ方によっては、ホワイトニング前に歯のクリーニングを勧められる場合があります。クリーニングは医療用の器材を用いて歯の汚れや歯石を取り除く処置ですが、多少の痛みが伴う場合はあるものの歯がもろくなることはありません。

2.ホワイトニングで歯がもろくなると思われている理由

ホワイトニングでは歯がもろくなることはないと解説しましたが、ではなぜ、ホワイトニングが歯に影響を与えると思われているのでしょうか。以下ではその理由についてご紹介します。

2.1.漂白剤を使って歯を白くするイメージがあるから

ホワイトニングでは過酸化水素を含んだ薬剤を使って、歯の内部に染み込んだ色素を漂白します。「漂白」「薬剤」と聞くと、歯にダメージを及ぼすほど強力だとイメージしがちですが、薬剤には歯の内部や表面をもろくする成分は含まれていません。例えばコーヒー渋が付いたカップを何回漂白しても、カップ自体がもろくなることは無いのと同じです。過酸化水素も歯の内部に蓄積されず、色素と一緒に酸素と水に分解されます。また、過酸化水素は消毒液や食品添加物にも使われているため、正しく使用すれば人体に悪影響はありません。

2.2.短時間で効果を出すために強い薬剤を使うから

ホワイトニングは歯の美しさを追求する審美歯科のカテゴリーに含まれるため、保険診療の対象外です。高額な費用を支払い、強い薬剤を使うことで短期間で歯が白くなるものの、歯にダメージが残るのではと心配する方もいるでしょう。しかし、ホワイトニングで使用する薬剤は厚生労働省の認可を受けているため、人体への悪影響は非常に少ないです。歯やからだの状態によって知覚過敏などが現れる可能性は否定できませんが、一過性のものといわれています。

※痛みを感じる程度には個人差があります。

2.3.歯の表面の汚れを削る施術と思われているから

頑固な着色に対するホワイトニングは歯を削って白くすると思っている方もいるようです。確かに、施術前に歯のクリーニングを行う場合がありますが、その際はあくまでも歯の表面に付着した歯石や汚れを取り除く処置であるため、歯そのものを削ることはありません。また、ホワイトニングとは異なる方法で歯の見た目を改善するラミネートベニアでは、施術で利用するセラミックなどを貼り付ける前にごくわずかに歯を削る処置が行われますが、ホワイトニングでは歯を削らずに直接歯に薬剤を塗っています。そのため、施術するごとに歯の厚みが薄くなるという心配もありません。

3.ホワイトニングで歯や歯肉が痛むのはどうして?

ホワイトニングで歯や歯肉が痛むのはどうして?

歯やからだの状態によっては、ホワイトニング後に歯や歯ぐき・歯肉が痛くなる可能性がありますが、その原因について解説します。また、以下で取り上げる例はオフィスホワイトニングだけでなく、自宅で行う「ホームホワイトニング」に取り組む場合も注意が必要なポイントですのでチェックしておきましょう。

3.1.必要以上に強い薬剤を使ったため

ホワイトニングでは薬剤の効果で、歯の表面を覆うペリクルが一時的に剥がれますが、約12〜24時間程度で再生されるのが一般的です。しかし、早く効果を得たいと考え、必要以上にホワイトニングを行うと、ペリクルの再生が妨げられ歯の表面がもろくなる恐れがあります。ペリクルが再生されるまでは歯を保護する機能が弱まっているため、虫歯の原因にもなりやすいのです。

3.2.薬剤の刺激が神経に伝わるため

ホワイトニング後は歯に痛みが出ることがありますが、それは薬剤が歯のエナメル質を通り抜けて神経に伝わるためです。エナメル質が薄い歯や歯にヒビやキズがある場合は、薬剤が歯にしみやすくなります。また、何らかの理由で薬剤が歯肉に付着した後も、歯根と呼ばれる歯の根っこの部分や歯ぐきが痛む場合があります。一過性の場合が多いですが、何日も続くようであれば専門機関に相談しましょう。

※痛みを感じる程度には個人差があります。

3.3.一時的に知覚過敏になることがあるため

ホワイトニング後は歯が敏感になっているため、熱い飲食物や冷たい飲食物を摂った後に歯がしみるなどの知覚過敏になる場合があります。歯の痛みと同様に一過性のものなので、翌日には知覚過敏の症状が治まっていることが多いです。知覚過敏を抑える薬や歯磨き粉もあるため、心配な方は施術前に専門機関へ相談してみるとよいでしょう。

3.4.神経のない歯はもろくなることがあるため

神経のない歯には栄養が送られないため、歯がもろくなっているケースもあります。不意に固いものを噛んでしまい、ひび割れや欠けが生じたり、歯の内部に膿がたまって変色したりすることも考えられます。色素沈着以外で発生した変色については、ホワイトニング効果が期待できません。なお、変色した神経のない歯を白くする方法として、漂白効果のある薬剤をピンポイントで歯に注入するウォーキングブリーチという施術方法もあります。

3.5.個人輸入の薬剤の使用方法を間違ったため

海外から個人輸入したホワイトニング剤を使用した結果、歯や歯ぐきを傷めたという事例もあります。特に、オフィスホワイトニング用の薬剤はホームホワイトニング用の薬剤と比べて高濃度のため、使用方法を誤ると口腔内などに深刻なダメージを与えてしまう恐れがあります。結果的に費用が高くつくことも考えられるので、ホワイトニングを受ける際は国内の専門機関に相談することをおすすめします。時間的な理由などで専門機関に通うのが難しい場合は、医薬品を使わずに歯本来の白さを目指せるセルフホワイトニングを検討するのも一つの方法です。

4.それでも歯へのダメージが心配なら「セルフホワイトニング」

薬剤の影響による歯のダメージが心配な方は、デンタル美容サロンや自宅で手軽に取り組める「セルフホワイトニング」が有効な手段の一つです。サロン独自の機材やデンタルコスメゲルを使って、歯が本来持つ自然な白さを取り戻す効果が期待できます。

近年店舗数を伸ばし、全国10店舗を展開(2021年5月現在)する現役歯科医監修のセルフデンタル美容サロン「デンタルラバー」がいま注目されていますが、そのデンタルラバーが開発したセルフホワイトニングゲルとLED照射機のセット商品「スーパーホワイトLV(※1)」が、大手通販サイトを中心に人気を集めています。
通常のホワイトニングのように漂白するものではなく、LED照射と専用ゲル(美容溶剤)とブラッシングによる併用で、着色汚れ成分(ステイン)を落とし、歯が本来持つ自然な白さを目指すものとなっております(※)。そのため、薬剤を使用してのホワイトニングほど一回で劇的な変化が得られるものではないことを念頭に、継続的に毎日使用するようにしましょう。

※LED照射と専用ゲルとブラッシングの併用による効果です。効果には個人差があります。
※痛みを感じる程度には個人差があります。
※セルフホワイトニングと口臭ケアはLED照射と専用ゲルとブラッシングの併用による効果です。効果には個人差があります。
※スーパーホワイトLVは家庭用LED照射マシンとスーパーホワイトニングゲルのセットです。

「スーパーホワイトLV」の詳細はこちら

5.歯への影響も理解してホワイトニング方法を選ぼう

ホワイトニングでは歯を漂白する作用のある薬剤が使用されるため、歯・歯肉にダメージが及ぶことを懸念される方もいるでしょう。実はそのような印象とは異なり、消毒剤や食品添加物にも用いられている過酸化水素の作用で漂白するため、歯をもろくしたり歯肉へダメージを加える心配はありません。

歯やからだの状態によっては、ホワイトニング後に知覚過敏や歯の痛みが生じる可能性もありますが、多くの場合は一過性のものです。万が一数日続くようであればホワイトニングを受けた専門機関に相談し、必要な処置を受けることをおすすめします。

歯の痛みなどが気になる方には、医薬品を使用せずに歯本来の白さを目指すセルフホワイトニングもおすすめです。

先ほどご紹介した「デンタルラバー」のスーパーホワイトLVでは、デンタルラバーのサロンでセルフホワイトニングをする際に使用する「青色LED+紫外線LED」と、口臭ケアをする際に使用する「赤色LED+近赤外線LED」の4つのLEDを1台で同時照射でき、セルフホワイトニングケア(※)と口臭ケア(※)が自分のペースで取り組めます。

4つのLEDを1台で同時照射できるのは日本初(株式会社ESP総研調べ、2021年1月現在)で特許出願中の技術であり、独自開発のデンタルコスメゲルと日頃のブラッシングを併用して、歯が本来持つ自然な白さを目指していきます。

本体とジェル4本のセットが月々たったの2,913円(税込・クレジットカード24回の分割払い・手数料別途)、手軽にセルフホワイトニングをスタートできます。口臭ケア(※)も可能なので、歯本来の白さと爽やかな口臭を取り戻したい方は是非お試しください。

※LED照射と専用ゲルとブラッシングの併用による効果です。効果には個人差があります。
※痛みを感じる程度には個人差があります。
※セルフホワイトニングと口臭ケアはLED照射と専用ゲルとブラッシングの併用による効果です。効果には個人差があります。
※スーパーホワイトLVは家庭用LED照射マシンとスーパーホワイトニングゲルのセットです。

スーパーホワイトLVのご購入はこちら

【最後に】デンタルラバーのサービスは、一般消費者に歯のケアの大切さを知っていただくためのものであり、最終的には歯医者で適切な治療を受けていただくことを推奨しています。デンタルラバーは一般消費者と歯医者をつなぐ架け橋としての役目を目指す会社です。

ホワイトニングコラムの
監修ドクター

歯科医師:田中希和 Dr.
大阪歯科大学卒業。
一般診療、訪問診療を中心に、食育アドバイザーとして歯と食事の大切を伝える活動を行う。

この記事をシェア