1. デンタルラバーTOP
  2. ホワイトニングコラム一覧
  3. 歯を白くする方法は?継続的に行うことで好印象な口元へ
< TOPへ戻る

歯を白くする方法は?継続的に行うことで好印象な口元へ

歯を白くする方法は?継続的に行うことで好印象な口元へ

https://pixta.jp/photo/58590764

歯は第一印象を左右する重要な要素のひとつ。汚れのない綺麗な白い歯には清潔感があり、それだけで相手に好印象を与えることができると考えられています。そのため、歯の汚れや黄ばみに関する悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

歯の汚れは日々の飲食や加齢によって蓄積され、普段の歯磨きでそれらを除去することは難しいといわれており、歯を白くするには適切なケアが必要となります。これから紹介するケアを実践し、歯本来の自然な白さを取り戻していきましょう。

1.歯を白くするとは「歯が本来もつ白さになること」

歯を白くするとは、日常生活で歯に着いた汚れを落とし、自身の歯が持つ本来の自然な白さを取り戻すことを指します。

市販の歯磨き粉を使った一般的な歯磨きだけの場合、歯の表面の汚れの除去や虫歯・歯周病などの予防はできますが、歯を自然な白さにしていくことは難しいと考えられます。歯を自然な白さにしていくためには、歯の表面に蓄積した黄ばみや汚れを除去し、根本的なケアを行う必要があります。

2.セルフケアで歯を白くする方法

歯を白くする方法はさまざまありますが、費用や手間を考えセルフケアに挑戦したいと思っている方も多いのではないでしょうか。しかしセルフケアは手軽に始められる反面、気をつけなくてはいけない点もいくつかあります。自身の歯を守るためにも、正しい方法を理解し、適切にケアをしましょう。

ここでは自宅でできるセルフケアの方法を3つ紹介します。

2.1.ホワイトニング用歯磨き粉で歯を磨く

1つ目は、普段の歯磨きで使用する歯磨き粉を、ホワイトニング用の歯磨き粉に替える方法です。
ホワイトニング効果のある歯磨き粉を継続的に使用することで、歯の表面についた着色汚れを落としていきます。特別なケアが必要なく、普段の歯磨きで歯の着色汚れを落とす効果を得ることができるため、セルフケアが初めての方はまずこちらの方法から始めてみるとよいでしょう。

しかしホワイトニング用の歯磨き粉には研磨剤が含まれるものが多く、気づかないうちに歯の表面を傷つけてしまう恐れもあるため、注意が必要です。また研磨剤が含まれていない場合も、強い圧でのブラッシングは歯の表面に傷をつける原因になってしまうため注意が必要です。

2.2.歯のマニキュアで着色する

2つ目は、歯のマニキュアを使用して行う方法です。歯のマニキュアとは、歯の表面に塗布する白色の樹脂を指し、乾かしてコーティングすることで歯を白くすることができます。元の歯の色を隠すため1回の使用で効果を感じやすく、かつ短時間で白い歯を手に入れることができる方法です。

ただし効果は一時的なため、根本的に白さを取り戻したい方には向きません。またマニキュアの磨き残しがあると着色汚れ(ステイン)の原因となるため、使用後は念入りに歯磨きをするようにしましょう。

2.3.歯の消しゴムで汚れを落とす

3つ目は、歯の消しゴムを使用して歯の表面についた汚れを落とす方法です。歯の消しゴムは、着色汚れだけでなく普段の歯磨きでは除去が難しい歯石や歯垢も同時にケアができるアイテムです。

しかし汚れが落ちる一方、歯の表面が削れ傷ができてしまうため使用前よりさらに汚れが付着しやすい状態になってしまうリスクがあります。そのため継続使用は難しく、即効性を求めて使用する際もリスクを把握しておくことが必要です。

ここまでご紹介した3つのセルフケアは、手軽に挑戦しやすい反面、効果が一時的だったり、思ったような効果を得られないことがあります。また歯の黄ばみや汚れの根本的な解決は難しく、場合によっては使用前よりも歯の状態を悪化させてしまう可能性のあるケアです。もし使用する際は、あくまで一時的なケアにとどめ、長期間のセルフケアのリスクを理解しておくようにしましょう。

2.4.家庭用LED照射機を活用したセルフホワイトニング

4つ目は、ホワイトニング用歯磨き粉に家庭用LED照射機を加えた手法です。

青色LEDや紫外線LEDと相性が良いとされる「酸化チタン」配合のホワイトニング効果のある歯磨きゲルを歯の表面に塗布し、その上から家庭用LED照射機で青色LEDや紫外線LEDを10~15分照射します。最後に仕上げ磨きをすることで、歯の表面についた着色汚れ(ステイン)を落としていきます。
セルフホワイトニングサロンに近い効果を得られると評判で、近年流行している新手法のセルフホワイトニングです。

セルフホワイトニングをする際、注目したいのが「ゲル」。ゲルが少量だと効果も半減してしまうと考えられているためです。
デンタルラバーで家庭用LED照射機「スーパーホワイトLV(※)」を注文すると、専用ホワイトニングゲル120回分が付属します。合計480mlのたっぷり容量のため、惜しみなくゲルが使用できるのが魅力です。ゲルには、ポリリン酸Na/酸化チタン/ヒドロシキアパタイト/炭酸水素Na/PEG-6など多くの有効成分が配合されています。歯や歯茎に負担を与える成分は配合していない点も魅力のひとつです。
※「スーパーホワイトLV」の効果はLEDとゲルとブラッシングの併用による。歯が本来持つ自然な白さを目指すものであり、それ以上に白くなるものではありません。

「スーパーホワイトLV」の詳細はこちら

3.セルフホワイトニングで自然な白い歯に!


https://pixta.jp/photo/23378051

ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」や自宅で行う「ホームホワイトニング」などの種類があります。その中でも、サロンの器具を使用し自身で行う「セルフホワイトニング」は近年ますます注目を集めている方法です。

セルフホワイトニングは、歯に専用の美容ゲルを塗布し、LEDを照射した後にブラッシングすることで歯の表面の汚れや黄ばみを減らします。施術を自身で行うため、歯科医の技術料や薬剤費がかかるオフィスホワイトニングに比べ安価で挑戦しやすい点がメリットとして挙げられるでしょう。

通常オフィスホワイトニングは1回約30,000~50,000円の費用がかかりますが、デンタルラバーであれば月額10,780円~(初月は50%OFF)でセルフホワイトニング(※)と口臭ケアが通い放題できます。通い放題のプランは平日限定通い放題、土日含む通い放題など複数のプランがありますが、ほぼ毎日通うことのできる通い放題プランのため、回数を気にせずセルフホワイトニング(※)と口臭ケアができます。

そんな通い放題プランで利用できるのが、セルフホワイトニング(※)に特化した「メガパワーホワイト」と、口臭ケアに特化した「メガパワーブレス」です。2つの異なる波長を同時照射するデンタルラバーオリジナルのLED照射機(※)が使用できます。

「メガパワーホワイト」で使用されるLED照射機は、紫外線LEDと青色LEDの異なる2つの波長を同時照射することができる、デンタルラバーオリジナルです。こちらの技術により強力パワーでの照射が可能となり、わずか1回15分でセルフホワイトニング(※)ができます。
また、使用されるゲルもデンタルラバーのオリジナルブレンド。酸化チタンを含む5つのキラメキ成分が(LED照射とブラッシングをすることで)歯磨きだけでは除去しにくいステインにアプローチします。

さらに、デンタルラバーではコーティングのサービスも行われています。コーティングとは、歯の表面にトップコートを使用し光沢をだす仕上げのサービスです。デンタルラバー独自のトップコートが使用され、歯全体をさらに明るい印象に仕上げてくれます。
※LED照射と専用ゲルとブラッシングの併用による効果。効果に個人差あり。
※医療機器ではありません。効果はLED照射とゲルとブラッシングによる。

デンタルラバーのサロンの詳細はこちら

4.白い歯を維持するためにできること

白い歯を維持するためには、日常生活での少しの意識がとても大切です。せっかくホワイトニングやセルフケアで白い歯を手に入れても、その後のケアを怠ってしまうと、歯の汚れはまた蓄積されてしまいます。これからご紹介する2つを意識して生活をすることで、白い歯を少しでも維持することができます。

4.1.飲食後は口をゆすぐ

歯の汚れの原因には、普段の食事で付着するステイン汚れがあります。歯の表面についたステインを洗い流すために、飲食後は口をゆすぐ習慣をつけましょう。口をゆすぐことができない場合、砂糖不使用のキシリトールガムを噛むことで、唾液の分泌が促され汚れを落としてくれます。

4.2.細かな動作でやさしく歯を磨く

歯を磨くときに力を入れすぎると歯の表面が削られ傷がつき、汚れが付着しやすい状態になってしまいます。また磨き残しを防ぐため、歯を1本ずつ磨くイメージで細かく歯ブラシを動かすよう意識し、優しい圧で磨くように心がけましょう。

5.黄ばんだ歯も日々のケアで自然な白さを取り戻そう

普段の歯磨きではケアが難しい歯の汚れや黄ばみも、セルフホワイトニングで本来の自然な白さを取り戻すことができます。デンタルラバーでは、青色LEDと紫外線LEDの同時照射が可能なオリジナル照射機を使用し、通い放題プランでも提供しています。
また酸化チタンを含む5つのキラメキ成分が配合された専用ゲルの使用や、無料のコーティングサービスなども魅力です。さらに家庭用照射機「スーパーホワイトLV(※)」を開発し、サロンと同じケアが自宅でもお手軽にできるようになったため、自身のスタイルに合わせて選ぶことが可能です。

ここまで紹介したケアを参考に、自身に合った方法で歯本来の白さを取り戻し、好印象を与えられる口元を目指しましょう。

※LED照射と専用ゲルとブラッシングの併用による効果。効果に個人差あり。
※「スーパーホワイトLV」の効果はLEDとゲルとブラッシングの併用による。歯が本来持つ自然な白さを目指すものであり、それ以上に白くなるものではありません。

スーパーホワイトLVのご購入はこちら

この記事をシェア