1. デンタルラバーTOP
  2. ホワイトニングコラム一覧
  3. ホワイトニングした歯の色戻りの原因と対策について解説
< TOPへ戻る

ホワイトニングした歯の色戻りの原因と対策について解説

ホワイトニングした歯の色戻りの原因と対策について解説

ホワイトニングによって自然な白い歯を手に入れても、残念ながらそれが永久的に続くわけではありません。飲食によって歯の表面に着色汚れは蓄積されていき、時間の経過とともに歯も元の色に戻っていくからです。

手に入れた美しい歯を長持ちさせるにはどうしたらよいのか、色戻りのメカニズムや期間、色戻りを防ぐ効果的な方法についてご紹介します。

1.ホワイトニングした歯が色戻りする理由

ホワイトニングをした歯が色戻りしてしまう理由は大きく分けると2つです。
1つ目は、着色しやすい食べ物を食べることによって、汚れが蓄積していくため。2つ目は、曇りガラス状にしたエナメル質が時間の経過と共に元に戻る、再石灰化による色戻りです。概ね数ヶ月経過したごろから色戻り感じ始める方が多いですが、なかにはホワイトニング直後に感じてしまう方もいます。

ホワイトニングではシェードガイドと呼ばれる白さの段階がわかる色見本を使って、ホワイトニング後とホワイトニング前の色を比べ、どの程度明るくなったか確認します。
特にオフィスホワイトニングでは、ホワイトニング直後にエナメル質表面の水分が失われて、白っぽく見えるケースがあるようです。そのため、約24時間後歯の表面に水分が戻ると、シェードガイドで1~2段階程度色が戻ったように感じる方もいます。
そのほか、元の色を忘れてしまったために色が戻ったと感じる目の慣れも考えられます。

2.ホワイトニングした歯が色戻りする期間

ホワイトニングをした歯はどのくらい経過すると元に戻ってしまうのでしょうか。オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、セルフホワイトニングそれぞれの方法によって歯の自然な白さをキープできる期間には差があるためそれぞれの期間についてまとめています。

2.1.オフィスホワイトニングの場合

1回の施術で歯のトーンアップを実感できる即効性のあるオフィスホワイトニングの効果の持続期間は、数ヶ月程度だといわれています。専門機関で医師や歯科衛生士が行うため使用する薬剤の濃度も高く、時間をかけずに歯を白くすることが可能です。しかし、白さは長持ちしないため、効果を長く持続させるためには再ホワイトニング(タッチアップ)が必要不可欠です。

2.2.ホームホワイトニングの場合

ホームホワイトニングの持続時間はオフィスホワイトニングに比べると長く維持できます。個人差はあるものの継続してホームホワイトニングを行うことで、1年程度は自然な白い歯が続くでしょう。

ホームホワイトニングは、専門機関で処方された薬剤とマウスピースを使って自宅で行います。歯を一度に明るくするのではなく、効果が穏やかな薬剤を使い、時間をかけて自然な白さへと導くため、効果が長持ちします。

2.3.セルフホワイトニングの場合

セルフホワイトニングの方法は大きく分けると2種類あり、歯のマニキュアや歯の消しゴム、研磨効果のある歯磨き粉で磨くなど市販品を使って各自で行う方法とセルフ式デンタル美容サロンを利用してセルフホワイトニングする方法があります。

市販品を使ったセルフホワイトニングの場合、例えば歯のマニキュアであれば歯の上に真っ白な絵具をペイントする形になるので、すぐに白く見せることはできますが、歯磨き・食事・口をゆすいだりするとすぐに剥がれてしまいます。持続は半日程度です。一方、セルフ式デンタル美容サロンでのセルフホワイトニングは、LEDとゲルとブラッシングの併用により、時間をかけて自然な白さに戻すことを目指すため、効果も長続きします。

3.歯の色戻りを防ぐためのポイント

歯の色戻りを防ぐためのポイント

ホワイトニング方法により効果の持続期間に差はあるものの、何もしなければいつか色戻りすることに変わりはありません。色戻りを防ぐためには、食後のお手入れと定期的なケアが不可欠です。

3.1.食後のケアをこまめにする

コーヒーや紅茶、色の濃い食べ物などの着色汚れがつきやすい食べ物を摂取した後は、歯も着色しやすくなっています。なるべく歯に汚れがついている時間を短くするためにも食べた後は口をゆすぐようにしましょう。

また、丁寧な歯磨きも必要です。ただし、歯磨きは食べた直後ではなく、食後30分くらい経過してから行うのが良いとされています。まずは口をゆすぎ、30分から1時間後ぐらいに歯磨きをするのが理想です。

3.2.定期的なケアを行う

歯磨きやうがいは必要不可欠ですが、しっかり磨いても口の中の汚れは6割くらいしか落ちないとされています。そのため、歯の着色汚れが少しずつついて色戻りするのは自然なことです。

そこで歯の色戻りが気になるタイミングで定期的にメンテナンスをすることにより、歯が本来持つ自然な白さを保つことができま。例えば、オフィスホワイトニングの場合、後から追加で軽いホワイトニング(タッチアップ)をすることで美しい歯を保てるでしょう。

また、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用するデュアルホワイトニングによっても、歯の自然な白さを長く維持できるでしょう。さらに定期検診を通して歯のクリーニングをしてもらうことで、着色汚れを落とし美しい歯を保つことが可能です。

しかしタッチアップや定期検診は通院が必要なため、時間も費用もかかります。なるべく負担を抑えて歯の自然な白さを保つなら、セルフホワイトニングがおすすめです。

4.ケアを継続してホワイトニング後の色戻りを防ごう

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングで歯を漂白した後、セルフホワイトニングを継続して行う方法でも色戻りは防げます。セルフ式デンタル美容サロンにおけるセルフホワイトニングで、歯本来の自然な白さを目指す方法がおすすめです。

また、よりカジュアルに歯の自然な白さを維持したい方には、近年店舗数を伸ばしている全国10店舗展開(2021年5月現在)の現役歯科医監修セルフデンタル美容サロン「デンタルラバー」が開発した、セルフホワイトニングゲルとLED照射機のセット商品「スーパーホワイトLV(※)」がおすすめです。「スーパーホワイトLV(※)」はホワイトニングゲル、歯ブラシを使って、美容デンタルサロン並みのお手入れを自宅でできるキットです。

「スーパーホワイトLV」なら、デンタルラバーのサロンでセルフホワイトニングをする際に使用する「青色LED+紫外線LED」と、口臭ケアをする際に使用する「赤色LED+近赤外線LED」の4つのLEDを1台で同時照射でき、セルフホワイトニングケア(※)と口臭ケア(※)が自分のペースで取り組めるだけでなく、専用のホワイトニングゲルが480mlも付属しているので、自宅でサロン120回分(公式サイトからの購入であればプレゼント無料キャンペーンに付き150回分)のお手入れができます。

LEDとの相性が抜群の酸化チタンをはじめ、ヒドロキシアパタイト、PEG-6、炭酸水素Na、ポリリン酸Naなど5つのキラメキ成分を配合したスーパーホワイトニングゲルのうえから、4色のLEDライトを照射して、ブラッシングすることで、通常のホワイトニング歯磨きでは落ちにくいステインにアプローチし、歯を自然な白さへ近づけながら口臭ケアをすることができます。

また、LED照射とゲルとブラッシングを併用することでホワイトニング効果だけでなく、色戻りを防止・歯垢の除去・、虫歯の予防・口臭をおさえる効果(※)も期待できます。
ホワイトニングの後の色戻りが心配な方は、自宅でのセルフホワイトニングを検討してみてはいかがでしょうか。

※LED照射と専用ゲルとブラッシングの併用による効果。効果に個人差あり。
※「スーパーホワイトLV」は医療機器ではありません。
※「スーパーホワイトLV」の効果はLEDとゲルとブラッシングの併用による。歯が本来持つ自然な白さを目指すものであり、それ以上に白くなるものではありません。
※歯が本来持つ自然な白さを目指すものであり、それ以上に白くなるものではありません。

スーパーホワイトLVのご購入はこちら

【最後に】デンタルラバーのサービスは、一般消費者に歯のケアの大切さを知っていただくためのものであり、最終的には歯医者で適切な治療を受けていただくことを推奨しています。デンタルラバーは一般消費者と歯医者をつなぐ架け橋としての役目を目指す会社です。

この記事をシェア